AMD Zen4 Ryzen 7000シリーズの北米価格は据え置きに。日本は30%以上値上げ?

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月7日
  • Zen4

AMDのRyzen 7000シリーズは現地時間8月29日 19:00(日本時間8月30日 8:00)に発表会が予定されていますが、一足先に北米でのメーカー希望小売価格が判明しました。

日本時間8月30日 8:00発表のRyzen 7000シリーズ

AMDではZen4アーキテクチャーを採用するRyzen 7000シリーズの各モデルや価格などの詳細情報を2022年8月29日(日本時間8月30日 8:00)に発表し、9月27日から日本を含め世界各国で発売を開始する予定です。

このRyzen 7000シリーズでは最上位モデルのRyzen 9 7950XからRyzen 9 7900X、Ryzen 7 7700X、Ryzen 5 7600Xの合計4モデルが9月27日から発売がされる予定ですが、今回一足先にこれだ4モデルの北米でのメーカー希望小売価格に関する情報が出現しました。

ギャズログ | Gaz:Log

  AMDではCES2022にて2022年下半期にZen4アーキテクチャーを採用した第6世代 RyzenであるRyzen…

価格は全モデル据え置き。

AMD Ryzen 7000 "Zen 4" Desktop CPU Prices Leaked: Ryzen 9 7950X For $799 US, Ryzen 9 7900X For $549 US, Ryzen 7 7700X For $449 US, Ryzen 5 7600X For $299 US (wccftech.com)

wccftechが入手した情報によると、AMD Ryzen 7000シリーズの北米販売価格の情報を入手したようです。

Zen4 モデル価格(米ドル)

参考:Zen3 モデル

参考:Zen3 価格
Ryzen 9 7950X$799Ryzen 9 5950X$799
Ryzen 9 7900X$549Ryzen 9 5900X$549
Ryzen 7 7700X$449Ryzen 7 5800X$449
Ryzen 5 7600X$299Ryzen 5 5600X$299

価格についてはRyzen 7000シリーズではRyzen 5000シリーズの発売時に設定された価格から据え置きになっています。

Ryzen 5000シリーズより高価なTSMC 5nmや世界的にインフレが進む中で上位モデル含めて価格据え置きは評価が出来る一方で、ミドルレンジとなるRyzen 5 7600Xでは競合のIntelが12コアのRaptor Lakeミドルレンジ、Core i5-13600Kを出す中で6コアで価格が$299と言うのは物足りなさと競争力に不安があります。

ただ、Ryzen 9 7950XではCore i9-13900Kと同等レベルの性能を発揮する見込みで、価格面でもIntelのRaptor LakeではAlder Lakeより値上げをすると見られているため、性能と価格を鑑みると非常に高い競争力を持つと言えそうです。

日本は恐らく大幅値上げ。Ryzen 5000シリーズの販売価格は1ドル=120円相当で計算。(今の為替レートは1ドル=138円)

北米での販売価格は据え置きとなっていますが、肝心な日本での価格についてはリーク等はまだ出ていませんが為替レートにより大幅な値上がりが予想されます。

Ryzen 5000シリーズが発売されたのは2020年11月ですが、その時の為替相場は1ドル 104円台となっていました。そして、Ryzen 5000シリーズの日本での販売価格は北米での販売価格に対して1ドル辺り120円相当で実際の為替レートに対して為替リスクを盛り込んで約15%のマージンが付けられた販売価格となっていました。

しかしRyzen 7000シリーズが発表日前の為替相場は1ドル138円台となっており、Ryzen 5000シリーズの時と同じように為替相場に対して約15%のマージンを付け加えたレートにすると1ドル159円相当となます。計算をすると、Ryzen 9 7950Xは12.7万円台と31%の値上がりとなります。

他のモデルも為替レートが原因のため同じように30%台の値上げとなり、円安の影響を大きく受けた価格となる可能性が高いです。

Zen3モデル販売価格(日本:税抜き)販売為替レート(為替1ドル=104円)
Ryzen 9 5950X96,800$1=121円
Ryzen 9 5900X64,980$1=118円
Ryzen 7 5800X53,480$1=119円
Ryzen 5 5600X35,800$1=119円
Zen4 モデル

1ドル159円相当での販売価格(税抜き)

Ryzen 9 5950X127,041
Ryzen 9 5900X87,291
Ryzen 7 5800X71,391
Ryzen 5 5600X47,541

 

Ryzen 7000シリーズについては価格がRyzen 5000シリーズに対して据え置かれており、Ryzen 9 7950XやRyzen 9 7900Xなど上位モデルを購入するユーザーにとってはIntelがCore i9-13900Kの値上げを予定する中で、かなり魅力的に見えると考えられます。一方でRyzen 7 7700XやRyzen 5 7600Xなど普及帯モデルについては、IntelのCore i5-13600KやCore i7-13700Kが値上げしたとしても、性能面ではIntel側の方が優れている可能性が高く、魅力的に映らない可能性があります。この点はAMDがRyzen 2モデルについて性能がどの程度であるかで売れ行きが決まりそうです。

日本での販売価格については日本だけ据え置けば利益が出せなかったり、転売屋の餌食になる事は目に見えているため大幅な値上げとなるのは確実と言えそうです。

円安について金利差の関係もあるので何とも言えませんが今後も円安基調が続くとなると自作PCのパーツは買うなら早めの方が良いかもしれませんね。ただ、一方で難しいのがアメリカが金利を上げた事で世界的に景気が落ち込めばCPUなど半導体製品の価格が下がる可能性も高いのでPCパーツ一つ買うのも株を買うのと一緒であまり気にしすぎない方が良いと思います。

 

PS5は6000円値上げされますので、買えるかは分かりませんが欲しい人は早めにエントリーする事がオススメです。(転売屋からは買っちゃだめですよ)

 

最新情報をチェックしよう!