RDNA4採用Radeon RX 8000シリーズの情報出現。144基のCUとGDDR7搭載

AMDでは2024年にRDNA4アーキテクチャーを搭載したRadeon RX 8000シリーズの投入を予定していますが、今回このRX 8000シリーズGPUに関するリーク情報が出現しました。

AMDのRDNA4搭載、Radeon RX 8000シリーズの情報が出現。最大144CUと32GBのGDDR7で今度こそNVIDIAを追い越す?

AMDでは2024年頃に現在発売されているRDNA3アーキテクチャーの後継であるRDNA4を採用したRadeon RX 8000シリーズの投入を計画していますが、今回このRX 8000シリーズに搭載されるRDNA4採用のGPU 3モデルに関する情報がRedGamingTechより出現しました。

なお、同じ動画でNVIDIAのGeForce RTX 5000シリーズに関する情報も少しだけ出現しています。

 

RDNA4においては前世代のRDNA3 GPUに対して動作クロックは3.5 GHz程度に引き上げられている他、2倍程度のパフォーマンスやワットパフォーマンスも50~60%の向上を目指しているようです。

そのため、大なり小なり様々な機能が追加や刷新、変更などが行われる見込みのようです。

GPUコア自体については演算ユニットの構成などはRDNA3と同じで、Compute Unit(CU)辺り128基のStreming Processorsを搭載するようです。ただ、GPUコアでもあるGCDについては現行のRDNA3はモノリシックダイとなっていますが、RDNA4からはGCDもチップレット化がされるようで、1基のGCDにつき48基のCUと3基のShader Engine(SE)が搭載されるようです。また、レイトレーシングやAI/ML性能についても大幅な改善を予定しているとのことです。

電力効率や性能を抜本的に向上させるために、Infinity Cacheはデータプリフェッチ関係が強化された第三世代へアップグレードされる他、WMMA命令も第二世代へアップグレードされることでCU全体で50%程度の性能向上を図る予定のようです。

かなり初期のリークであることからCUの数や動作クロックなどが大きく変わる可能性がありそうですが、少なくともAMDではNVIDIAのGPU性能を超えるために再度挑戦を挑むように見られます。

最上位のNavi 41 GPUは最大129TFLOPs程度に。ミドルレンジのNavi 43でもRTX 3090並みの性能に

今回、RDNA4採用のRadeon RX 8000シリーズに搭載される予定のGPU3モデルそれぞれの情報も出現しています。

RDNA4最上位GPU:Navi 41

Navi 41ではGCDを3基搭載し、CUは144基、18432基のStreming Processorsを搭載する最上位モデル向けGPUとなっています。性能面ではRDNA3の2倍を目指して開発が行われているようです。

VRAM関係ではGDDR7が採用され、MCD4基構成では32GB、MCD6基構成の場合は24GBまたは48GBのGDDR7を搭載する見込みのようです。なお、144基のCUが3.5 GHzで動作した場合の浮動小数点演算は129TFLOPsとなり、NVIDIAのGeForce RTX 4090を56%上回る性能となります。

RDNA4のハイエンドGPU:Navi 42

Navi 42ではGCDを2基搭載し、CUは96基、Streming Processorsは12288とRDNA3最上位モデルのNavi 31と同じ仕様tなっています。ただ、動作クロックが3.5 GHzに引き上げられている事から86TFLOPsとRTX 4090並みの性能となりそうです。ただ、CUの数などは歩留りや競合との位置づけによって変わる事が常にあるため、このまま製品として発売される可能性は低そうです。

RDNA4のミドルレンジGPU:Navi 43

Navi 43においてはGCDを1基搭載し、48基のCU、6144基のStreming Processorsを搭載します。なお浮動小数点演算では43 TFLOPs程度でRTX 3090 Ti並みとなります。

VRAM関係では、Navi 43でもチップレットが採用される見込みで、MCDが2基搭載されます。また、VRAMにはGDDR7が採用され、性能面ではNavi 33に対して約2倍を目指して開発が行われているようです。

 

今回のRDNA4の噂に関してはRDNA3初期のリークに似て前世代の2倍の性能向上などと言う言葉が並んでいます。残念ながらRDNA3では2倍の性能向上は見られず、Navi 21に対して1.3~1.4倍程度に留まっていましたが、RDNA4ではRDNA3に対して2倍の性能向上を実現して、NVIDIAのRTX 5000シリーズに打ち勝ってほしい所です。(打ち勝たなくても同等レベルに喰い付いて欲しい)

GeForce RTX 4000シリーズの価格などを見ていると、NVIDIAの独走を許せばRTX 5000シリーズは平気で30~40万円台での発売を行いそうですので、AMDにはNVIDIAにとって強力なライバルとして挑んでGPU市場の活性化を促して欲しい所です。。。


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!

Radeon RX 8000 (RDNA4)の最新記事8件