マイニングで酷使されたGPUを買わない方がいい理由。それでも欲しい場合の安全策

仮想通貨価格の暴落に伴い、GPUでマイニングを行っていたユーザーが損失を減らすべく中古GPUとして売却しようとしていますが、そのようにマイニングに使用されたGPUを買わないほうが良い理由や安いから買いたい場合の注意点などを紹介します。

仮想通貨価格暴落とGPU出品量増

2020年末から2021年にかけてはGPUを買ってマイニングをすれば極めて短い期間で投資分を回収でき、高い収益を挙げられることからGPUを求める需要が急増、結果ゲーミングのために使う一般的なユーザーが買えなくなるほど品薄や価格高騰が置きました。

しかし、2022年に入り始めてから仮想通貨価格の暴落、同時にエネルギーコスト増大によって電気代も高騰し、マイニングで収益を上げることは極めて困難な状態となります。

そのため、2022年6月時点では中国のフリマサイトや、海外のeBay、日本ではヤフオクを通じてGeForce RTX 3080などマイニング目的で人気が高かったGPUの多くが中古品として安価に出回っていますが、このGPUを買う際のリスクをTechRadarが紹介しています。また、もしそれでも買う際の注意点についても紹介します。

故障の一歩手前である可能性

Whatever you do, don't buy a used graphics card under any circumstances right now | TechRadar

マイニングで利用されたGPUの多くは24時間365日ノンストップで稼働している場合が非常に多いです。(止めると収益を失うので・・・)

また、できるだけ人や設備に手をかけない方が収益が上がるため、GPUが運用されている環境は古い倉庫で手入れや排熱もロクにされていないような場所で運用されている場合が多いです。そのため、GPUの大敵でもある熱に通常使用では考えられないほどの長時間晒されることから基板やハンダなどが熱により劣化が生じている可能性があります。

故障していてもBIOS改造で動作するようにしている可能性

Beware! Several Used NVIDIA GeForce RTX 30 Graphics Cards With Defective Memory Modules Being Sold After Being Abused In Crypto Mining | wccftech

中国のフリマサイトに出品されていたRTX 3080を買ったユーザーの中には本来10GBで320-bitのバス幅があるはずが、VRAM容量が8GB、バス幅は256-bitしか認識されないというものが届いたとのことです。

本来、GPUはPCが起動する際に自己診断を行い、今回のようにVRAMに異常があれば起動ができないようになっています。しかし、マイナーにとってはVRAM容量やバス幅が多少減っても動かしたいということで自己診断を回避する手法を利用し、さらに売却する際もこの方法を利用したまま動作確認したとして、売っているようです。

買うとマイナーの利益になってしまう

マイニング目的で購入されたGPUは最大で150億円規模と言われており、このような巨額な金額がGPUに投入されたことでゲーミング用とやクリエイティブ用途でGPUを必要とするユーザーには届かないまたは高値での購入が必要となりました。

そんな中で、2021年に仮想通貨マイニングがブームになっていた際にマイニングに参入した大多数はGPUに支払った額の半分も回収ができていないと見られています。

ここでもし中古GPUを購入し、マイナーの損失を減らしてしまえば今後同じようにマイニングブームが起きた際にGPUを大量に買ってマイニングをする人が出来たり、果には最悪の場合、売ればノーリスクで儲かりますよと言う見方を広げてしまうため、可能な限りマイニングに使われたと見られるGPUは買わないほうが言いと言えそうです。

それでも欲しいなら...

壊れているかもしれない、マイナーの損失を穴埋めする存在になるかもしれない。でもRTX 3080が安ければ欲しい・・・という人向けにどういった条件の出品であれば買ってもよいのか紹介します。

購入証明書、保証書添付は必須。保証期限内のモノを選ぶ

ヤフオクで出品されているグラフィックスカードの中には購入証明書や保証書が添付されているものがあります。

そのような製品の場合で以下のメーカーであれば例えばGeForce RTX 3000シリーズであっても発売日から考えると最低でも2022年10月までは保証期間内であるため、買って万が一壊れても無料で修理してもらえる可能性があります。

グラフィックスカードメーカー保証期間参考情報
GIGABYTE2年(シリアル登録されている場合4年)

4年であれば2024年9月まで保証あり。

2年しかない場合、最短で2022年9月以降は保証修理不可。

玄人志向(GALAKURO GAMING)3年最短でも2023年9月まで保証されるため良いかも
EVGA3年最短でも2023年9月まで保証されるため良いかも
Inno 3D2年最短で2022年9月保証切れ
COLORFUL2年最短で2022年9月に保証切れ

保証期間については、ヤフオクやメルカリで出品者に質問を打って見るのもいいですが、必ずしも正確な情報が返ってくるとは言えないため、このメーカーであれば最低でもいつまでは保証があると考えておくと良いかもしれません。

受け取り後にGPU-Z確認とストレステストとベンチマーク

保証期間が残っている場合でも購入してから壊れていると判明し、保証修理の手続をするとなると多くの時間と手間が取られてしまいます。

そのため、出品されたGPUを購入したあとには必ずGPU-Zで仕様面で変な所が無いのか確認し、その後はFurmarkのようなストレステストで異常がないか、また最後には3DMarkで購入したGPUの性能が適正値であるか確認してみる必要があります。

上で紹介されてた通り、細工をしてあたかも完動品のように騙す人も居るため、出品者を全面的に信用せず、購入した製品が問題が無いのか確認することがおすすめです。

※ヤフオクやメルカリでは商品受け取り後に『受け取り連絡』が必要となりますが、可能であればGPU-Z確認、ストレステスト、ベンチマークを済ますまでは絶対に受け取り連絡はしないように。受取連絡をしてしまえば、不具合を発見しても対応をしてもらえなくなります。

 

マイニングで使われていたとしか言えないような非LHR GPUが大量にヤフオクやメルカリに出品されていますが、これらは99%マイニングで利用されたものと見て間違いありません。そのため、購入する際は安くてもマイニングで酷使されていた事、マイナーの損失を穴埋めしてしまっている事を認識した上で、もし買うのであれば必ず保証期間が残っているものを選ぶ事がおすすめです。特に価格にすると5万円を超えるため、慎重な行動が求められます。

関連記事:GPU販売価格が大幅下落、中古品は投げ売り状態。原因は仮想通貨の下落。

最新情報をチェックしよう!