Intel Core i9-13900Kが闇市で販売中。ASUS製Z690マザーボードで動作

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!

Intelでは2022年秋頃より第13世代デスクトップ向けCPUとなるRaptor Lake-Sシリーズを発売予定としていますが、この中で最上位モデルとなるCore i9-13900KのES品が中国の闇市で販売がされているようです。

目次

2022年秋以降発売のRaptor Lake-S

Intelでは第13世代デスクトップ向けCPUとしてRaptor Lake-Sを2022年秋頃以降に発売を予定しています。この中ではじめに登場するのモデルナンバー末尾にK、KFがつくオーバークロック可能なハイエンドモデルが予定されていますが、この中で最上位モデルとなるCore i9-13900KのES品が中国のオークションサイトに登場したようです。

続報:販売されていたCore i9-13900K ES1品のベンチマークが出現しました。

闇市で出ていたCore i9-13900Kベンチマーク出現。Ryzen 9 5950Xを10%超え、ES3は5.5 GHzでの動作も

あわせて読みたい
Intel 第13世代Core CPU『Raptor Lake-S』最新情報まとめ Intelでは2022年秋頃を目途に第13世代Core CPUのデスクトップ向けである『RaptorLake-S』を発売予定ですが、ここでは現在判明しているRaptor Lake-Sの仕様や各最新情報...

ES品だが、ASUS製 Z690マザーボードでOC含めて動作する模様

Core i9-13900KのES品が出品されているのはGoFishと呼ばれるオークションサイトに出品されています。

https://gazlog.com/entry/intel-raptorlakes-etvb?fromblackmarketi9

このCore i9-13900Kは本来であれば最大6 GHzに近いブーストクロックを発揮するとリークが出現していますが、出品されているモデルはES品のため、ベースは2.4 GHz、ブーストは4.6 GHzに抑えられていると見られています。

出品者によると、このCore i9-13900KはASUS Z690 ROG APEXマザーボードでの動作を確認しており、オーバークロック機能も有効との事です。

このES品CPUは2850人民元、日本円にすると58000円程度で販売されていましたが2022年6月28日時点では既に販売済みになっていますので、近い内にBilibili上でベンチマークなどが掲載されるかもしれません。

 

発売前のCPUがこのように出品される理由としては、マザーボードメーカーなどに対して動作確認用にIntelがCPUを供給するのですが、この中でIntelへ返送する際に一部が盗まれたりしてこのようにES品が発売前にオークションサイトに出品されたりするようです。

Core i9-13900Kについては2022年秋頃発売という事で、既にマザーボードメーカーなどに対してES品CPUがマザーボード開発用などの目的で送られていると見られていますが、このように出品され始めている事からこのCPUについて詳細なベンチマークが出現するのは時間の問題と言えそうです。

関連記事:Intel 第13世代Core CPU『Raptor Lake-S』最新情報まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次