GeForce RTX 4000シリーズは現行の2倍の性能と消費電力になる模様

NVIDIAからGeForce RTX 4000シリーズとしてリリースされる予定のAda Lovelace GPUですが、最新のリーク情報より現行のGeForce RTX 3000シリーズのAmpereアーキテクチャーからパフォーマンスが2倍になる一方で、消費電力も2倍程度になる模様です。

TDPが500W程度になると言われているRTX 4000シリーズ

NVIDIA Ada Lovelace Powered GeForce RTX 40 GPUs To Be Twice As Fast & Twice As Power Hungry Than Ampere (wccftech.com)

GeForce RTX 4000シリーズについては、2022年10月発売を目標に開発が進められているようですが、過去に出現した様々なリークではTDPなどの消費電力が現行のGeForce RTX 3000シリーズに比べて大きく増える見通しとなっています。例えば、最上位モデルになると見られているAD102 GPUではTDPは450~500Wに及ぶとkopite7kimi氏やGreymon55氏からは言われています。

 

そんな、中でGreymon55氏がGeForce RTX 4000シリーズのTDPについて新たな情報を示唆する内容のツイートが行われています。

2倍の性能だが、2倍の消費電力。RTX 3090のTDPは350W、2倍は700W・・・

Greymon55氏によると、『2倍の性能、2倍の消費電力をあなたは受け入れられますか?』と言う内容のツイートを行っています。このツイートについてRTX 4000シリーズ最上位モデルである『AD102』について語っていると返信を行っています。

このAD102については2020年末にCUDAコアが18432基と現行最上位モデルであるGeForce RTX 3090の10496基を大きく超える数のCUDAコアが搭載される予定となっています。

RTX 4000 シリーズの情報出現。ADA LOVELACEは18432コア搭載

また、動作クロックについても2.2GHzとRTX 3090の最大1.7GHzを大きく超える事となっています。この動作クロック向上に追加でTSMC 5nmプロセスと新規アーキテクチャーの採用によって性能は現行の2倍に伸びると見込まれています。

しかし、代償として非常に高い消費電力が必要となる事となるようです。

GeForce RTX 3090では350WがTDPとなっています。また、2022年1月に登場が予定されているパワーアップ版であるRTX 3090 Tiでは10752基のCUDAコアが搭載されますが、TDPについては450W程度に増加すると見られています。この流れでRTX 4000シリーズの最上位モデルでは現行のRTX 3090の350Wの2倍の消費電力、つまり700W近い電力を要求する事となるとGreymon55氏は示唆しています。

最近出現したPCI Express Gen 5.0タイプの電源コネクターでは『12VHPWR』は最大600W、『12VHPWR H+』と呼ばれる上位規格では600W以上の電力供給が可能になると見られていますが、既に700W近い消費電力であればこの『12VHPWR』を2本用意しなければならない可能性があります。

 

AMD Ryzen 9 6900HXのベンチマーク出現。Alder Lakeより30%以上低い性能に

 

現行のRTX 3090でもTDPが350Wと言われた際は「は?」と言うリアクションでしたが、もうハイエンドGPUは300W超えと言う状態で正直慣れてしまっている自分が居ます。GeForce RTX 4000シリーズの最上位モデルであるAD102ではその更に倍近い700W近辺のTDPとなるようですが、これもその内なれるのでしょうかね?

TDPが700Wとなれば最低でも280mmの水冷クーラーを搭載しないと対応は出来なさそうですがどのような冷却機構になるのか気になる所です。

あと、最近日本でもSDGsをやたら取り上げるなどしていますが、世界的にも環境に対して投資家や活動団体の声が日に日に大きくなっていっています。そんな中で個人向けで700Wもの消費電力を要求するパーツについてどこからか目を付けられないかも心配になってきます。

特にグラフィックカードと言うと産業用途もありますが、個人向けで買うとしたら娯楽であるゲーム用途のため、アイドル時の消費電力は従来モデルより低いなど何か目を付けられても回避できる策を用意しておかないとメンドクサイ事に巻き込まれる気がして心配です・・・

最新情報をチェックしよう!