Intel Core i9-12900KのAoTSベンチマークが出現、スコアは大幅向上

2021年11月頃に発売が予定されているIntel第12世代CPU Alder Lake-Sですが、その最上位モデルであるCore i9-12900Kの『Ashes of the Singularity』ベンチマークが出現しました。

Core i9-12900KのAoTSベンチマーク出現

Intel Core i9-12900K shows up on Ashes of the Singularity benchmark website - VideoCardz.com

SF系RTSである『Ashes of the Singularity』のゲーム内ベンチマーク情報に、2021年11月頃に発売が予定されているAlder Lake-S最上位モデル、Core i9-12900Kでの計測結果が出現しました。このベンチマークでは、通常通りGPU+CPUでゲームを動作させたときのFPSとAIなどで多数のオブジェクトをCPUで処理した際のFPSを示すCPU Framerateeの2つが存在しており、Normal Batch、Medium Batch、Heavy Batchと言う形で負荷が3段階に分けられて計測結果が出されます。

なお、今回出現したCore i9-12900Kはコンシューマー向けのAlder Lake-SデスクトップCPUとしては最上位に位置するモデルとなっており、P-CoreとE-Coreをそれぞれ8コア、合計16コア搭載し、スレッド数はHT有効なP-Core 8とE-Core 8の合計24となっており、L3キャッシュは30MBとRocket Lake世代となるCore i9-11900Kと比べて2倍近く増えています。

CPUモデルP-Core E-Core 合計 コア / スレッド数

P-Core
ベース/ブースト 

P-Core ブースト
(全コア)
E-Core ベース / ブーストE-Core ブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP
Intel Core i9-12900K8816 / 24TBC / 5.3 GHz5.0 GHzTBC / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB

125W (PL1)
~250W? (PL2)

Intel Core i7-12700K8412 / 20TBC / 5.0 GHz4.7 GHzTBC / 3.8 GHz3.6 GHz25 MB125W (PL1)
~250W? (PL2)
Intel Core i5-12600K6410 / 16TBC / 4.9 GHz 4.5 GHzTBC / 3.6 GHz3.4 GHz20 MB125W (PL1)
~250W? (PL2)

Core i9-10900Kに対しては約44%の性能向上を記録

『Ashes of the Singularity』のホームページ上に掲載されているベンチマーク結果にはCore i9-12900Kを様々なプリセットでテストした結果が掲載されており、すべて同一ユーザーが動かした結果のようです。

CPUには冒頭の通りCore i9-12900Kが使われ、メモリーは64GB、グラフィックカードはGeForce RTX 3080が利用されていますがグラフィックカードではオーバークロック可否など細かな点が分からないため主にベンチマークのスコアはCPUの処理能力を示すCPU Framerateに焦点を当てていきます。

Intel Core i9-12900Kでの結果(High_1440pプリセット)

Core i9-12900Kに関してはは、各Batch毎のCPU FramerateではNormal Batchでは161.6、Medium Batchでは約152.2、Heavy Batchでは129.7を記録し、平均CPU Framerateは146.6を記録しています。

同等のプリセットやグラフィックスカードの条件ではCore i9-10900Kの記録が掲載されており、平均CPU Framerateは102.0であることからCore i9-12900Kでは約44%程度スコアの向上していることが確認できます。

Ryzen 9 5950Xに対しても約40%以上の性能向上だが・・・参考程度

AMD Ryzen 9 5950Xでの結果(High_1440pプリセット)

Intel Core i9-12900Kの最大のライバルであるAMD Ryzen 9 5950Xでは各Batch毎のCPU FramerateではNormal Batchでは113.9、Medium Batchでは約106.9、Heavy Batchでは94.9を記録し、平均CPU Framerateは104.6を記録しています。

Intel Core i9-12900Kではこの『Ashes of the Singularity』で非常に高いスコアを叩き出しており、スコアだけ見るとGeekbenchなど過去に出現したベンチマークの通り、性能が非常に高い事は確実です。

AMD Ryzen 9 5950Xに対して平均CPU Framerateが約40%高いスコアを出しているものの、『Ashes of the Singularity』はIntel製CPUにとって有利なベンチマークと言われている事もあるため、あくまで今回の比較は参考程度に留めておく必要がありそうです。恐らく今後、Core i9-12900KなどAlder Lake-S CPUでは他のCPUベンチマークや実際のゲームプレイでのフレームレートなども出現すると見られており、そのようなテストでCore i9-12900KはRyzen 9 5950Xに対してどれほど差を付けられるのか注目です。

2021/09/23 : GeForce RTX 3000 Superのラインアップ情報が出現。4モデルが登場予定

 

『Ashes of the Singularity』はCPUやGPUの発売が近くなるとスコア情報が出現される恒例ベンチマークとなっていますが、9月8日に行われたVersion 3.10アップデートの内容で最大スレッド数が16からAlder Lake-Sの最大スレッド数である24スレッドに増やされていることから、公平なベンチマークかどうかは怪しいと言えそうです。そのため、Core i9-12900Kの方がRyzen 9 5950Xより約40%程度性能が高いスコアが出ていますが他のベンチマークなどで比較するとその差はもっと小さくなると考えられます。

最新情報をチェックしよう!