新ドライバーでRadeon RX 6000シリーズのレイトレーシング性能が40%向上

AMDでは2ヶ月ちかくRadeon RX 6000シリーズのドライバー更新を放置していましたが、最近リリースされたAMD Radeon RX 6000シリーズ向けドライバーを適用することでレイトレーシング性能が大幅向上することが明らかになりました。

最新ドライバー適用でRadeon RX 6000シリーズのレイトレーシング性能が最大40%向上。ゲームでも20%を超える性能向上。

AMDではRadeon RX 7000シリーズが発売されたことからドライバー開発は主にRX 7000シリーズが優先され、既存のRadeon RX 6000シリーズについては2022年12月に更新されていらい2ヶ月以上もドライバー更新が行われないという状況が発生していました。しかし、前回の更新から2ヶ月以上が経過した2月14日にAMDはRadeon RX 6000シリーズ向けに最新ドライバーの23.2.1をリリースし、レイトレーシング性能が大きく向上している事が明らかになりました。

2022年上半期に公開された22.5.1や2022年12月に公開されたドライバーの22.11.2と今回新たに公開された23.2.1でレイトレーシング性能を測る3DMark Raytracing featureテストを実施したところ、22.5.1と22.11.2ではFPSに大きな差は出ていませんでしたが、23.2.1ではFPSが36.20と過去のドライバーでのパフォーマンスに比べて38%程度向上している事が明らかになっています。

レイトレーシング性能のパフォーマンス向上はベンチマークのみならず、実際のゲームでも確認ができるようでDying Light 2においては1440pでFSR2をバランスに設定した状態で旧ドライバーでは59FPSだったものが、新ドライバー適用で72FPS、約22%のパフォーマンス向上が記録されているとのことです。

このRadeon RX 6000向けの新ドライバー、23.2.1についてはリリースされて間もないという事でパフォーマンスに関する話は出ていませんが、もし仮にレイトレーシング性能がここまで大幅な向上が多くのゲームで確認できれば、RX 7000シリーズ登場によって価格が下がっているRX 6000シリーズの魅力度はかなり高まると言えそうです。


新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されています。招待制ですが、出荷量増に伴い入手性は改善しています。

最新情報をチェックしよう!