NVIDIA GeForce RTX 4090/4080の詳細仕様出現。消費電力は最大660Wに

NVIDIAでは2022年9月20日に現行のGeForce RTX 3000シリーズの後継モデルとなるGeForce RTX 4000シリーズの発表を予定していますが、この中で発表がされる可能性が高いGeForce RTX 4090およびRTX 4080 (16GB/12GB)の消費電力を含む詳細仕様に関するリークが出現しました。

まもなく発表のNVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ

NVIDIAでは2022年9月19日から開催するGTC最終日である9月20日に現行のGeForce RTX 3000シリーズの後継モデルとなるGeForce RTX 4000シリーズについて最上位モデルのRTX 4090やハイエンドモデルのRTX 4080などを発表すると見られています。

そんな、GeForce RTX 4090とRTX 4080ですが、CUDAコア数や動作クロックや消費電力など詳細仕様に関するリークが新たに出現したようです。

RTX 4090は標準450W、最大660Wに。RTX 4080の12GB版はRTX 3070の後継モデルに

今回、kopite7kimi氏と中国の掲示板、Chiphellに掲載された情報からRTX 4090およびRTX 4080 16GB/12GB版の詳細仕様情報がリークとして出現しました。

 

GeForce RTX 4090

GeForce RTX 4000シリーズ最上位モデルとなるRTX 4090はAD102-300 GPUを採用、CUDAコアは16384基搭載し、動作クロックは最大2.52 GHzに設定がされるとのことです。VRAMに関しては24GBのGDDR6Xを搭載し、速度は21Gbpsでバス幅は384-bitになると見られています。帯域幅としてはRTX 3090 Tiと同じく1TB/sを超えると見られています。

消費電力に関してはデフォルト状態では450Wとなりますが、Videocardzが独自に入手した情報によると、vBIOS上設定できる消費電力は660Wとなっており、一部AIB製モデルにて設定がされる可能性があるようです。

GeForce RTX 4080 16GB

RTX 4080 16GBはハイエンドとしてラインアップされるモデルで、GPUコアにはAD103 GPU、CUDAコアは9728基搭載され、動作クロックは最大2.505 GHzに設定されるようです。VRAM に関してはGDDR6Xが16GB搭載され、速度は23GbpsとなりRTX 4090以上に高速なVRAMが搭載されます。しかし、VRAMバス幅が256-bitと少なくなっており、帯域幅に関してはRTX 3080に近いレベルになると見られています。

消費電力に関してはRTX 4080 16GBは現行のRTX 3080に対して20W増となる340Wに設定される見込みです。ただ、VBIOS上では最大516Wまで設定が可能なようです。

GeForce RTX 4080 12GB

RTX 4080 12GBはRTX 4080の下位モデルとして登場するモデルとなっており、GPUにはAD104-400 GPUを採用し、CUDAコア数は7680基、動作クロックは最大2.610 GHzに設定がされるようです。

VRAMに関してはメモリー速度は上位のRTX 4080 16GBと同じく21Gbpsとなるものの、GDDR6Xは12GB搭載に減らされバス幅も192-bitへ縮小すると見られています。

消費電力はRTX 4080 12GBではデフォルト状態で285Wに設定されており、RTX 3070 Tiの290Wに近い値になっています。またこちらもVBIOS上の最大は大きく、366Wまで設定が可能となっています。

 

RTX 4080 12GBについてはRTX 3070の後継モデルと言う位置づけと言える仕様になっており、9月20日のRTX 4000シリーズ発表会においてもRTX 4090とRTX 4080のみ登場し、RTX 4070については発表がされないと見られています。

各モデルの発売時期としては現時点ではRTX 4090が10月上旬に登場し、RTX 4080が11月上旬に登場する予定となっています。

 

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズについては発表まで1週間を切っており、様々な情報が出だしていますがRTX 4090についてはデフォルトでは450Wの消費電力に抑えられるようですが、性能をフルに解放すると600Wを超えるような消費電力になるようです。恐らく、この600Wを超えるようなAIBモデルに関しては12VHPWR電源が必要となりますので、電源ユニットの買い替えは必須と言えそうです。

RTX 4080 16GBについてはリーズナブルな消費電力と言え、現行のRTX 3080からの乗り換えは容易になると思います。ただ、乗り換える際にRTX 4080は16GBと12GBの2種類が存在し、GPUダイも異なれば、性能も大きく異なるという違いになっており買う際には十分注意する必要がありそうです。

RTX 4080 12GBについては素直にRTX 4070で良かったようにも思えるのですが、NVIDIAとしてはRTX 4070以下のモデルに関しては全モデル、ティアを1つ上げて販売する事でより高値で販売しようとでも思っているのですかね。。。

 

NVIDIA GeForce RTX 3060がAmazonで4.7万円で販売中です。

すぐに買えるかは分かりませんが、CFI-1200番台のPS5のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

 

最新情報をチェックしよう!