NVIDIAがGeForce RTX 4080 12GBの発売中止。理由は名前が紛らわしいから

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

NVIDIAでは2022年10月12日にGeForce RTX 4090を発売し、11月にはGeForce RTX 4080 16GBと12GBの発売を行う予定でしたが、NVIDIAはGeForce RTX 4080 12GBについて発売中止する事を発表しました。

目次

否定的意見が多かったGeForce RTX 4080 12GB

NVIDIAでは2022年10月12日にGeForce RTX 4000シリーズ最上位のRTX 4090の発売を行いましたが、11月にはハイエンドモデルとなるRTX 4080の発売を予定しています。

このRTX 4080では同じモデル内で16GB版と12GB版が存在し、違いはVRAM容量だけかと思えば実際にはRTX 4080 16GBモデルではCUDAコアは9728コア、VRAMには23Gbps動作のGDDR6Xを16GBをバス幅256-bitで接続される一方で、RTX 4080 12GBモデルについてはCUDAコアは7680コア、VRAMには21GbpsのGDDR6Xが12GB、バス幅192-bitで接続されるなど性能に大きな違いがあります。

そのため、GeForce RTX 4000シリーズが発表された際には、本来RTX 4070として発売されるべきモデルを販売価格引き上げのために無理やりRTX 4080としてラインアップしていると指摘があり否定的な意見が多く出ていましたがNVIDIAではこのGeForce RTX 4080 12GBについて発売を取りやめる事を発表しました。

GeForce RTX 4080 12GBは発売中止。理由は「紛らわしいから」

Unlaunching The 12GB 4080 | GeForce News | NVIDIA

NVIDIAが2022年10月14日付けでGeForce RTX 4080 12GBについて、発売を取りやめる事をホームページ上で告知しました。

NVIDIAによると、GeForce RTX 4080 12GBについては素晴らしいグラフィックカードではある事に変わりはないものの、RTX 4080と言うモデルが2つ存在すること自体紛らわしい状態となってしまうため、このGeForce RTX 4080 12GBについては発売を取りやめる事を決定したとの事です。

一方で、GeForce RTX 4080 16GBについては予定通り発売がされるとの事で、11月16日から発売が開始されるとの事です。

発売が取りやめとなるGeForce RTX 4080 12GBについては恐らくRTX 4070として再度発表がされると見られていますが、それがいつになるのか、また価格も新たに設定されるのか、若干安い価格設定にされるのかについては不明です。

 

NVIDIAでは過去にGTX 1060で6GBモデルと3GBモデル、RTX 3080 12GBモデルと10GBモデルなど同じモデルの中でVRAM容量やCUDAコア数が若干異なるモデルを発売するという事をしていました。

しかし、GeForce RTX 4080 16GBと12GBではCUDAコア数に25%近い差があり、グラフィックカードとしてのパフォーマンスも30%の差があるなど全く別モデルと言っていいほどの差が存在しており発売が近づくにつれて評判が悪くなる一方でした。そのため、NVIDIAとしてもこのまま発売しても高い売上を期待できないと感じたのか発売中止となるようです。

今後このRTX 4080 12GBはRTX 4070として発表、発売がされると見られていますが、価格がRTX 4080 12GB当時のものがそのまま引き継がれるのか、RTX 4070のネーミングに相応しい価格に改められるのか気になる所ですが個人的に、NVIDIAの事ですのでRTX 4070にしては異様に高い金額に設定するのでは無いかと思っています。(それでまたプチ炎上すると思います)

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次