RTX 3080 TiのVRAM容量はGDDR6X 12GBになる模様

GeForce RTX 3080 Ti

RTX 3080登場時から噂で何度か登場しているRTX 3080 Tiですが、リーク情報によるとVRAM容量がGDDR6X 20GBからGDDR6X 12GBへ変更された可能性が高いとの事です。

RTX 3000シリーズの最新情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

今年発売予定のNVIDIAのGeForce RTX3000シリーズですが、公式より9月1日に発表会を行うとの情報がありま…

噂の度にスペックが変わるRTX 3080 Ti

NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti Now Rumored To Launch in April With 12 GB GDDR6X Memory & 10240 CUDA Cores (wccftech.com)

RTX 3080 Tiの噂は遡る事2020年9月頃から登場しています。当初はRTX 3080のVRAM容量が20GBへ増量されたバージョンが登場するという話でしたが、10月頃にその話は無くなりました。しかし、Radeon RX 6900 XTの登場以降次はコア数をRTX 3090並みに、VRAM容量を20GBにしたRTX 3080 Tiの情報が登場し、そのままCES 2021で発表されるのではとまで言われていました。しかし、CES 2021ではRTX 3080 Tiに関する情報は全く無く今回、GPU関連のリークで定評のあるkopite7kimi氏はコア数はRTX 3090並み、VRAM容量が12GBになったRTX 3080 Tiの存在が示唆されています。

歩留りからAMDの存在。難易度の高いRTX 3080 Tiの位置づけ

RTX 3000シリーズの中でハイエンドモデルに位置するRTX 3080 Tiは発売から3か月以上経っているRTX 3080の上位版に位置します。しかし、オリジナルのRTX 3080では歩留りの問題から在庫状況は悪く、品切れが続出しています。また、ライバルであるAMD Radeon RX 6800シリーズと6900 XTの性能が予想以上に高い性能であった事からNVIDIAは戦略を決定できずにいる可能性があります。

そんな、NVIDIA RTX 3080 Tiですが、kopite7kimi氏によると、RTX 3080 TiではRTX 3090から少し少ない10240のCUDAコアを搭載し、VRAM容量は20GBのGDDR6Xから12GB GDDR6Xに変更される可能性が指摘されています。

VRAM自体はGDDR6Xとなっていますが、速度面ではCUDAコアは10240コア、バス幅は320bitで速度は19Gbpsとなる事でRTX 3080に近い仕様になります。ただし、CUDAコア数は依然として大幅に増えている事から、性能面ではRTX 3080を大きく超える事は間違いないと見られています。

モデル名NVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti?NVIDIA GeForce RTX 3090
GPUAmpere GA104-300Ampere GA102-200Ampere GA102-250Ampere GA102-300
Die Size395.2mm2628.4mm2628.4mm2628.4mm2
CUDA コア数5888870410240←1049610496
VRAM容量・仕様8 GB GDDR610 GB GDDR6X12GB←20 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
メモリーバス256-bit320-bit320-bit384-bit
Memory Speed14 Gbps19 Gbps19 Gbps19.5 Gbps
帯域幅448 Gbps760 Gbps760 Gbps936 Gbps
TGP220W320W320W350W
価格$499 US$699 US$899 US?$1499 US
発売時期2020年10月29日2020年9月17日2021年前半?2020年9月24日
GeForce RTX 3080 Ti
最新情報をチェックしよう!