RTX 3060 Tiの公式ベンチマークが浮上。RTX 2080 Super以上の性能

f:id:gazooooo:20201118231937j:plain
12月2日にリリース予定とされているRTX 3060 Tiですが、発表会で使う予定だったパフォーマンスについて書かれた資料1枚がリークしたようです。

RTX 3000シリーズの最新情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

今年発売予定のNVIDIAのGeForce RTX3000シリーズですが、公式より9月1日に発表会を行うとの情報がありま…

RTX 2080 Superを越えるRTX 3060 Ti

VideoCardz.com

NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti officially faster than RTX 2080 S…

RTX 3060 Tiの発表会で使用すると見られるスライドがリークし、その中にはRTX 2080 Superとのパフォーマンス比較がされているスライドが含まれていました。

1440pでのゲーミングに最適なRTX 3060 Ti

f:id:gazooooo:20201119011606p:plain

これまで、NVIDIAのRTX 3000シリーズでは、RTX 3090からRTX 3070までのハイエンドモデルのみが揃っていましたが、12月2日にリリースされるRTX 3060 Tiでは初めてのミドルレンジモデルのRTX 3000シリーズとなります。

そんな、RTX 3060 Tiですが、NVIDIAが発表会で使う予定の資料だった資料がリークされました。

リークされた資料ではRTX 2060 Super、RTX 2080 SuperそしてRTX 3060 Tiのパフォーマンスが比較されています。

パフォーマンス比較は各ゲーム毎に行われていますが、大まかに3つのジャンルに分かれています。1つ目がラスタライジング、いわゆる通常の3Dゲーム、2つ目がレイトレーシング、3つ目がレンダリングです。解像度は2560x1440で実施されており、CPUはCore i9-10900Kで実施されているとの事です。

この比較を見てみると、RTX 3060 Tiはゲーム時のパフォーマンスはRTX 2060 Superに対して約1.4倍程度のパフォーマンス向上を果たしています。特にRTX 3000シリーズの性能の高さを物語るのがレイトレーシング性能です。RTX 3060 Tiではレイトレーシングを司るRTコアが38コアあるのに対してRTX 2080 Superでは48コアあります。一方でこのベンチマーク比較ではRTX 3060 TiがRTX 2080 Superを10%程度上回っています。

また、VRAYなどCUDAを使ったレンダリングでは、RTX 2060 Superから2倍に迫る性能を発揮しています。

消費電力200W、0を下回る価格で買いやすいGPUに

非常に高い性能を誇るRTX 3060 Tiですが、消費電力は180~200W程度に収まる見通しです。比較対象に上がっていたRTX 2080 Superでは250Wであった事から、高い性能であるものの、扱いやすい消費電力に収めたモデルになっています。また、価格面では北米価格で$450を下回り、一部では$399で登場すると見られています。日本での価格は恐らく5万円を下回る見込みであり、性能面、消費電力、価格面で非常にバランスが取れた製品になっており、幅広いユーザーから受け入れられるGPUになっています。

RTX 3060 TiはフルHDやそれより1つ上の1440p程度であれば、最高画質に設定してもほとんどのゲームは90fpsを越える性能を発揮できると考えられます。これが、200W以下で5万円以下で発売されるとすると、非常にコストパフォーマンスの優れたモデルであり、しばらく品薄が続く人気モデルになりそうな予感がします。

最新情報をチェックしよう!