NVIDIA GeForce RTX 3060 TiのGDDR6X版がストアに出現。既存モデル置き換え

NVIDIAでは2020年12月2日にアッパーミドルレンジ帯となるGeForce RTX 3060 Tiを発売しましたが、発売からもうすぐ2年が経つタイミングでVRAM仕様をGDDR6Xにアップグレードしたモデルが英国のオンラインストアで一時的に出現しました。

アッパーミドルのGeForce RTX 3060 Ti

NVIDIA GeForce RTX 3060 Tiは2020年12月2日に発売されたアッパーミドルレンジ帯のグラフィックカードで、GeForce RTX 3070と同じGA104 GPUを搭載し、CUDAコアは4864基、VRAMには14Gbpsの速度で動作するGDDR6が8GBでバス幅256-bitで接続がされます。

パフォーマンスとしてはRTX 3060よりも高く、1080p程度の解像度であれば多くのゲームで120fps以上、1440pでも60fps~100fps程度で動作する一方で、値段は6万円前半で販売とコストパフォーマンスが比較的高いモデルとなっています。

NVIDIA GEFORCE RTX 3060 Ti 搭載 8GB グラフィックボード

そんな、GeForce RTX 3060 Tiですが、発売から2年が経とうとしているためかNVIDIAでは若干の性能向上を計画しておりまもなく発売がされる見通しのようです。

関連記事:NVIDIA GeForce RTX 3000シリーズ新モデルが10月末に登場。GDDR6X化など

GDDR6X版は現行モデルを置き換えに。価格も据え置きで性能向上へ?

NVIDIAのGeForce RTX 3060 TiについてはGDDR6を8GB搭載していますが、英国のオンラインストアでGDDR6Xを8GB搭載するGeForce RTX 3060 Tiが出現し始めているようです。

GDDR6X版のRTX 3060 Tiは英国の量販店、SCANで掲載されており、NVIDIA GeForce系GPUを扱う特設サイトでGDDR6X搭載と記載されたRTX 3060 Tiが一時的に注文が可能な状態になっていました。

現在は、GDDR6版の取り扱いとなっていますがチェックアウトページにも掲載されたことから近いうちにGDDR6Xを搭載したRTX 3060 Tiが近々登場するものとみられています。RTX 3060 Ti GDDR6X版について価格は現行RTX 3060 Tiと変わっておらず現行モデルを置き換える形で登場となるようです。

NVIDIAでは2022年10月12日に次世代GPUのRTX 4090の発売を予定していますが、この発売日に近いタイミングで何かしらプレスリリースなどの形で発表がされるとみられています。

 

GeForce RTX 3060 TiのGDDR6X版についてはGDDR6からGDDR6Xに変更されるのに伴いVRAMの帯域幅は向上するとみられていますが、既に256-bit接続でVRAMがボトルネックとなっているようには見えないため大きな性能向上は見込めないとみられています。

そのため、このGDDR6X化については最高性能のモデルはRTX 4090やRTX 4080などに供給し、これらのモデルに搭載できないモジュールはRTX 3060 Tiなど下位モデルに搭載することで性能向上より歩留まり向上とコストの削減効果を見込んで採用したと考えられます。

GeForce RTX3060搭載グラフィックボード

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!