AMD RDNA3 Radeon RX 7000シリーズのコア数が当初より減少する模様。

AMDでは2022年下半期中にRadeon RX 7000シリーズを発売予定としており、ハイエンドモデル向けのNavi 31とNavi 32、そしてアッパーミドル向けのNavi33までのコア数やおおまかな仕様についてリークで明らかになっていましたが、新しい情報が出現しコア数が減少する事や出現する各SKUの情報明らかになりました。

2022年下半期発売、Radeon RX 7000シリーズ

AMDでは2022年下半期に現行のRDNA2アーキテクチャから刷新を図ったRDNA3アーキテクチャの開発を進めています。この中で、MCMと3Dスタッキング技術を活用し、RDNA3の中で最も多くのコアを積むNavi 31、MCMのみ採用し、Navi 31の次にコアを積むNavi 32、モノリシックダイを採用するNavi 33の3つのGPUをベースに開発を進めていますがこのGPUのコア数については2021年夏頃からリークとして出現しましたが、今回、コア数が当初より減少する事や、各GPUから出現するSKUに関する情報が出現しました。

Navi 31のコアは15360基から12288基に減少。Navi 33は据え置き

RDNA3アーキテクチャを搭載するRadeon RX 7000シリーズのコア数については2021年頃に情報が出現しており、この当時はNavi 31では各GPUにGPUコアであるStreming Processors(SP)を7680基、2基合計で合計15360基、Navi 32では各GPUに5120基、2基合計で10240基、Navi 33はモノリシックダイで4096基搭載するという情報が出現していましたが、新たに出現した情報ではNavi 31とNavi 32に関してはSPが減らされる方向になるとのことです。

 

新しいコア数に関する情報はGreymon55氏から登場しており、Navi 31に関しては12288基、GPU1基辺りでは6144基となっており、当初登場した情報に対してSPが8割ほどに抑えられています。

Navi 32に関しても同じく当初登場した10240基から8割ほどに抑えられた8192基に減らされており、GPU1基辺りでは4096基となっています。

なお、Navi 33に関してはSPは一度5192基から4096基に減るという情報が過去に出現しており、その情報からは変わらない見通しとなっているようです。

 

このコア数の減少についてはNavi 31の15360基という仕様は開発当初は予定されていたものの、歩留まりとコスト、将来的な性能向上の余地などを残すためにNavi 31では12288基、Navi 32では8192基という仕様に変更がされたのではないかとGreymon55氏は推測しています。

 

Navi 31に関しては数日前に、不動小数点演算が100TFLOPSに迫る性能である事が明らかになっていましたが、新しいSPで当てはめると73TFLOPS程度になる可能性が高いようです。

 

ただし、ゲーミング時のパフォーマンスなどRadeon RX 7000シリーズで目標となるパフォーマンスについてはSPが減った現在でもオリジナルのSP数と同等かそれ以上とされており、AMDとしてはRDNA3全般のパフォーマンスについては相当自信を持っているようです。

各GPUから登場するSKUも判明。ハイエンドモデルは細分化が図られる模様

 

Radeon RX 7000シリーズに搭載されるRDNA3に関しては合計3つのGPUが登場する予定ですが、この中で各GPUからどのようなSKUとして登場するのか情報と各SKUがどのモデルに供給されるのか推察もされています。

大まかにはNavi 31とNavi 32ベースのSKUは3つ登場し、Navi 33はSPは12288基、10752基、9216基となり、Navi 32ではSPが8192基、7168基、6144基となる見込みのようです。また、Navi 33ではSKUが2つ出現する予定で、4096基と3584基になる見込みのようです。

各SKUがどのモデルに搭載されるかについては推察ではあるものの、Navi 31は主にRadeon RX 79XX系、Navi 32がRadeon RX 7800系とNavi 32の下位SKUのNavi 32 XLがRadeon RX 7700 XT、Navi 33がRX 7600系に割り当てられると見られています。

 

ギャズログ | Gaz:Log

IntelではNVIDIAとAMDが大多数のシェアを持つグラフィックスカード市場へ参入すべく、Arc Alchemsit…

 

Radeon RX 7000シリーズのライバルでもあるNVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ最上位モデル、RTX 4090についてはAMDに絶対に負けたくないというプライドがあるためか、動作クロックやコア数を上げ、さらに消費電力も600W使う状態でAMDに対して戦おうとしていますが、そんな中でAMDについてはコア数を減らすという行動に出たのは意外です。ただ、性能目標についてはコア数を減らしても維持という事を考えているようですので、もしかしたらRTX 4090に勝つより、RTX 4090と同等程度か若干低いぐらいで消費電力を400Wや多くても500W前半に抑えることでワットパフォーマンスの高さをアピールする考えなのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!