1月27日 23時発売、NVIDIA GeForce RTX 3050の仕様と予約在庫情報

1月5日に開催されたCES2022にて発表されるNVIDIAの新しいGPUであるGeForce RTX 3050ですが、発売は1月27日予定と伝えられています。ここでは、そんなNVIDIA GeForce RTX 3050の仕様・情報と予約販売情報を紹介します。

予約・在庫情報(仕様情報はスクロールしてください)

最安値は39,800円から!MSIとZOTAC製→売り切れました。

MSI GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G | パソコン工房

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge ZT-A30500E-10M | パソコン工房

グラフィックボード ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge|ソフマップ

MSI エムエスアイ GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G|TSUKUMO公式通販サイト

2位 Palit製 RTX 3050 (47,800円)

Palit NE63050019P1-190AD (GeForce RTX 3050 Dual 8GB) |パソコン通販のドスパラ【公式】

3位 玄人志向かGAINWARD(52,800円)

玄人志向 クロウトシコウ GG-RTX3050-E8GB/SF|TSUKUMO公式通販サイト

GAINWARD GeForce RTX3050 GHOST 8GB |TSUKUMO公式通販サイト

ショップ名パソコン工房TSUKUMOソフマップArkヨドバシドスパラ
状況

まだの模様(明日10:00から?)

発売開始発売開始完売発売開始発売開始
検索ワードRTX 3050iconRTX 3050**
RTX 3050RTX 3050
RTX 3050RTX 3050

**TSUKUMOでは特設サイトが設けられ、そこへのリンクを貼っています。また、発売間もない間は検索しても出てこない時があります。

更新情報

39,800円で販売される予定のZOTAC製はまだパソコン工房とTSUKUMOからは出ていません。
上記ショップの開店時刻である午前10時に再度見て見る事をお勧めします。

→10:00時点でパソコン工房から39,800円の最安値モデルが発売開始。

→TSUKUMOからはZOTAC製はまだ販売開始されていません。

MSI GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G | パソコン工房

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge ZT-A30500E-10M | パソコン工房

1/27 23:15 | 最安値モデル完売再び登場。ZOTAC製でソフマップから→完売

グラフィックボード ZOTAC GAMING GeForce RTX 3050 Twin Edge|ソフマップ

1/27 23:05 | 最安値モデル完売。2位はPalit製で4万円後半、3位は玄人志向とGAINWARDで5万円台

Palit NE63050019P1-190AD (GeForce RTX 3050 Dual 8GB) |パソコン通販のドスパラ【公式】

玄人志向 クロウトシコウ GG-RTX3050-E8GB/SF|TSUKUMO公式通販サイト

GAINWARD GeForce RTX3050 GHOST 8GB |TSUKUMO公式通販サイト

1/27 23:00 | RTX 3050発売開始。最安値はMSIの定格モデル(39,800円)

MSI エムエスアイ GeForce RTX 3050 AERO ITX 8G|TSUKUMO公式通販サイト

 

1/27 23:00 | RTX 3050のレビュー掲載が開始。

Nvidia GeForce RTX 3050 Review: Theoretically Mainstream | Tom's Hardware

リークではGTX 1660 Ti相当の性能になるのでは無いかと言われていましたが、蓋を開けていればゲーム時は5%程度上回るパフォーマンスを見せています。また、RTX 2060にも迫っているので1080pでゲームをするという方には最適かもしれません。

レイトレなど最新技術を搭載したエントリーモデル GeForce RTX 3050

NVIDIAは2022年1月に開催されたCES2022にて、2019年10月に登場したGTX 1660 Super以来のエントリー向けの新モデルであるGeForce RTX 3050を発表しました。

RTX 3050はミドルレンジモデルとなるRTX 3060と同じGA106 GPUを搭載していますが、CUDAコアは2560基に減らされており、VRAM容量も8GB GDDR6、バス幅は128-bitとなっており、RTX 3060に対して価格を抑えるためスペックダウンが行われています。ただ、その分TDPは130Wとエントリー向けモデルとして扱いやすい消費電力となっています。

GPUモデル GeForce RTX 3050 GeForce RTX 3060 GeForce RTX 3060 Ti GeForce RTX 3070 GeForce RTX 3070 Ti GeForce RTX 3070 Ti 16 GB GeForce RTX 3080 GeForce RTX 3080 12 GB GeForce RTX 3080 Ti GeForce RTX 3090 GeForce RTX 3090 Ti
GPUダイ GA106-150 GA106-300 GA104-200 GA104-300 GA104-400 GA104-400 GA102-200 GA102-220? GA102-225 GA102-300 GA102-350?
CUDAコア25603584486458886144614487048960102401049610752
Tensor / RT コアTBC112 / 28152 / 38184 / 46184 / 46184 / 46272 / 68280 / 70320 / 80328 / 82336 / 84
ベースクロック1550 MHz1320 MHz1410 MHz1500 MHz1575 MHzTBA1440 MHzTBA1365 MHz1400 MHz1560 MHz
ブーストクロック1780 MHz1780 MHz1665 MHz1730 MHz1770 MHzTBA1710 MHzTBA1665 MHz1700 MHz1860 MHz
VRAM容量・仕様8 GB GDDR612 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR68 GB GDDR6X16 GB GDDR6X10 GB GDDR6X12 GB GDDR6X12 GB GDDR6X24 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
バス幅192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit320-bit384-bit384-bit384-bit384-bit
VRAM速度14 Gbps16 Gbps14 Gbps14 Gbps19 Gbps21 Gbps19 Gbps19 Gbps19 Gbps19.5 Gbps21 Gbps
帯域幅224 GB/s384 GB/s448 GB/s448 GB/s608 GB/s672 GB/s760 GB/s912 Gbps912 Gbps936 GB/s1008 GB/s
TDP130W170W175W220W290W~300W320W350W350W350W450W
定価(ドル)$249$329$399$499$599$599$699$999$1,199$1,499不明
定価(ドル=160円)$39,965$52,640$63,840$79,840$95,840$95,840$111,840$159,840$191,840$239,840不明
発売時期2022年1月27日2021年2月25日2020年12月2日2020年10月29日2021年6月10日2022年Q1中2020年9月17日2022年1月11日2021年6月3日2020年9月24日2022年Q1中

RTX 3050の価格は5万円から販売か?

日本のAmazonにて、GeForce RTX 3050の玄人志向のGALAKURO GAMINGモデルが1月15日に一時掲載、実際に購入が可能な状態になっていましたが、その時に販売されていた価格は50,138円となっていました。

玄人志向のGALAKURO GAMINGは一般的にはASUSやMSI、GIGABYTEから発売されるモデルより廉価な価格設定がされている傾向にあり、GeForce RTX 3050の最低購入価格はこのモデルで掲示されている5万円が目安になると見られています。

ベンチマークはGTX 1660 Ti相当、ゲーム時は8%高い性能を発揮

NVIDIA GeForce RTX 3050のベンチマーク出現。GTX 1660 Ti並の性能

Videocardzが独自に入手した3D Markベンチマークの結果では、GeForce RTX 3050は3D Mark TimeSpyのグラフィックススコアは6166pt、TimeSpy Extremeでは2801ptを記録しています。

このスコアは他のエントリーモデルと比較すると、1月21日に発売が開始されたAMD Radeon RX 6500 XTでは3D Mark TimeSpyが4970pt、TimeSpy Extremeでは2270ptということで、RTX 3050の方が20%ほど高いパフォーマンスを発揮しています。

ただ、2年前にNVIDIAから発売がされているGeForce GTX 1660 TiではTimeSpyが6360pt、TimeSpy Extremeが2882とそれぞれ3%ほどRTX 3050の方が劣る結果が出ています。

一方でゲーム時のパフォーマンスについてはベンチマークとは異なり、比較的良好なパフォーマンスを記録しています。

Nvidia GeForce RTX 3050 Review: Theoretically Mainstream | Tom's Hardware

RTX 3050は1080p環境下でのゲーミング時のパフォーマンスはGTX 1660 Superに対して8%ほど上回った性能を発揮しており、性能的にはRTX 2060とGTX 1660の間を埋める存在になっています。

このぐらいの性能があれば、eSportsタイトルや最新タイトルでも画質設定を落とせば快適にプレイは出来そうです。

マイニング性能はRTX 3000シリーズ史上最低。買い占めの心配なし。

NVIDIA GeForce RTX 3050 is not good for Ethereum mining - VideoCardz.com

新しいグラフィックスカードが発売される時に、最も心配されるのはマイニング需要に圧倒され、ゲーミング目的では買えないのでは無いかと言う懸念ですが、RTX 3050については心配は要らなさそうです。

GeForce RTX 3050に関しても、他のRTX 3000シリーズと同じようにEthereumマイニングに対して制限を課す、Lite Hash Rate仕様になっており、73Wの消費電力で12.5MH/sのマイニング性能までしか出ないようになっています。また、例えLHRが無い状態でも、20MH/sという事でマイニング性能や効率に関しても最近発売されたグラフィックスカードに対して非常に低く、マイニング目的で買い占められてしまうという心配はほとんどないと言えそうです。

GPUモデルMH/sWPPW
CMP 170HX1642500.656
Radeon RX 660030500.600
Radeon RX 6600 XT32550.582
GeForce RTX 3060 Ti581300.446
GeForce RTX 3070581300.446
Radeon RX 6800641500.427
GeForce RTX 3080912300.396
GeForce RTX 3050 (LHR起動前)20730.274
GeForce RTX 3050 (LHR起動後)12.573

0.171

最新情報をチェックしよう!