Intel Raptor Lake-S内蔵GPUはVega 10並みの性能に向上。ベンチマーク出現

  • URLをコピーしました!

Intelでは2022年10月20日に第13世代CPUとなるRaptor Lake-Sを発売予定ですが、このRaptor Lake-Sに内蔵されるGPUは現行のAlder Lake-Sに比べて性能が強化されているようです。

目次

Intel 第13世代CPU Raptor Lake-S

Intelの第13世代CPUであるRaptor Lakeのデスクトップ向けであるRaptor Lake-Sでは2021年11月から発売が開始されたAlder Lakeの後継モデルとなり、引き続きハイブリッドアーキテクチャーと10nmプロセスを採用されますが、P-CoreはAlder Lakeで初採用となったGolden Coveを改良したRaptor Coveに変更されL2キャッシュの倍増や動作クロックの大幅向上するという改良が、E-CoreはAlder LakeのGracemontを8コアから最大16コアまでと2倍搭載するようになります。

このRaptor Lake-Sはハイエンドからミドルレンジモデルを中心に2022年10月20日に発売が行われますが、今回10月20日に発売が行われる全14モデルの詳細仕様についてwccftechが情報を入手したようです。

内蔵GPUの性能が3%向上。AMDのVega 10 GPUに追いつく

ベンチマークはHP製のデスクトップPCでテストが行われたと見られており、CPUにはCore i9-13900にDDR5を128GB搭載したマシンでGPU性能を計測するOpenCLベンチマークが行われています。

Core i9-13900に搭載される内蔵GPUにはAlder Lake-Sに搭載されているUHD 770 Graphicsとほぼ同じですが、動作クロックは1.55 GHzからRaptor Lakeでは1.65 GHzと100 MHzほど引き上げられています。

そんなCore i9-13900のグラフィックス性能ですが、OpenCLでは9498ptを記録しています。

このスコアは2018年末に発売がされたAMD Ryzen 7 3700Uなどに搭載されているRadeon Vega 10に近いスコアとなっており、1080p程度であればGTA Vクラスの古めのゲームであれば60fpsでプレイが可能なレベルに仕上がっています。また、前世代のAlder Lake-Sと比べると約3%の性能向上が記録されています。

なお、AMDのRDNA2アーキテクチャーを搭載するRyzen 6000シリーズ内蔵のRadeon 680Mに対しては3.5倍の差を付けられており、デスクトップ向けでは間もなく発売されるAMDがRyzen 7000シリーズでRDNA2アーキテクチャーを搭載する内蔵GPUを搭載されます。そのため、今回のRaptor Lakeの内蔵GPUスコアが競合に対してどれだけの差があるのか今後明らかになってくると見られます。

 

デスクトップ向けCPUに内蔵されるGPUの性能はコンシューマー向けにおいてはAMDのRadeonやNVIDIA GeForceなど専用グラフィックカードを搭載する事が殆どのため、あまり重要視されませんが、何でも性能は高い方が良いに越したことは無いのでRaptor Lakeで若干スコアが向上しているのは良い事ですね。(これぐらいの性能があれば万が一GPUが壊れてもGTAVぐらいならプレイできそうですし。)

特に、Raptor LakeではCPUのオーバークロック耐性は6 GHzを超えるなど高そうですが、内蔵GPUも同様に耐性が高いと考えられるため過去にRadeon Vega 11に迫るようなパフォーマンスをAlder Lakeの内蔵GPUをオーバークロックして達成していたため、Raptor Lakeの内蔵GPUをオーバークロックすればRaptor Lakeの内蔵GPUの3倍のコア数を持つIris Xe Maxを超えるようなパフォーマンスを発揮するかもしれませんのでどうなるのか楽しみです。

 

PS5も6000円値上げされますので、Amazonで買えるかは分かりませんが、欲しい人は早めにエントリーする事がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次