Intel Core i9-13900KSのベンチマーク出現。シングルコア10%高速化

Intelでは2023年1月のCES2023にて現在発売中の第13世代CPUであるRaptor Lake-Sの最上位モデルで市販CPUとしては初めて6.0 GHzに到達するCore i9-13900KSを発売予定ですが、このCPUのGeekbenchベンチマークが出現しました。

Core i9-13900KSのベンチマークが出現。Core i9-13900KよりSTは5A%、MTは10%高速に

Intelでは第13世代デスクトップ向けCPU、Raptor Lake-Sを2022年10月から発売し最上位モデルとしてP-Coreを8コア、E-Coreを16コア搭載し、最大5.8 GHzで動作するCore i9-13900Kを発売しましたが、更に高い動作クロックでの動作が可能となるCore i9-13900KSを2023年1月以降に発売を予定していますが、今回このCore i9-13900KSのGeekbenchベンチマークが出現しました。

Core i9-13900KSに関しては、Geekbench上で記録されている動作クロックはベースが3.2 GHzとリークされた仕様通りにはなっていますが、最大クロックに関しても3.2 GHzと不正確な情報が記載されていますが、詳細なログによると最大5.867 GHzでの動作が記録されているようです。

この仕様で行われたCore i9-13900KSのベンチマーク結果としては、シングルコアは2319pt、マルチコアは26774ptが記録されています。

シングルコアにおいてはCore i9-13900Kで記録されている2227ptを4%ほど上回っています。また、Ryzen 9 7950XやRyzen 9 7900Xに対しても3~5%上回る結果となっておりシングルコア性能においては市販CPUとしては最速となりそうです。

マルチコアにおいても高い性能が記録されており、Core i9-13900KやRyzen 9 7950Xに対して10%を超える性能を記録しています。

このCore i9-13900KSについてはAMDが準備している3D V-Cacheを搭載するRyzen 9 7950X3Dなどに対抗する製品にもなり2023年1月開催のCES2023にて発表が行われ、2023年3月末までに発売が予定されています。

 

Intel Core i9-13900KSはAMDが2023年1月から発売を予定している3D V-Cacheに対抗する製品として投入が予定されていますが、少なくともベンチマークにおいては高い動作クロックを実現しているため非常に高いスコアが期待できそうです。あとはこの高い動作クロックがゲーミング時のパフォーマンスにおいてどれだけ差がみられるのかが注目です。

 


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0BD5MFPMF?&linkCode=ll1&tag=gazlogblog00-22&linkId=82efcb5ba4cd2cb92e18157517dcf793&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_tl

 

最新情報をチェックしよう!