Intel Core i9-13900KSのベンチマーク出現。Ryzen 9 7950Xより15%高速に

Intelでは2023年1月のCES2023にて現在発売中の第13世代CPUであるRaptor Lake-Sの最上位モデルで市販CPUとしては初めて6.0 GHzに到達するCore i9-13900KSを発売予定ですが、このCPUのCinebench R23ベンチマークが出現し、AMDのRyzen 9 7950Xを超える性能を記録しています。

Core i9-13900KSのCinebench R23結果出現。Ryzen 9 7950Xより15%高速に

Intelでは第13世代デスクトップ向けCPU、Raptor Lake-Sを2022年10月から発売し最上位モデルとしてP-Coreを8コア、E-Coreを16コア搭載し、最大5.8 GHzで動作するCore i9-13900Kを発売しましたが、更に高い動作クロックでの動作が可能となるCore i9-13900KSを2023年1月以降に発売を予定しています。

このCore i9-13900KSについては先週、Geekbenchベンチマークが出現していましたが、今回Cinebench R23のベンチマーク結果が出現しました。

ベンチマークの結果についてはRaptor Lake-Sの無印モデルに関するベンチマーク情報をリークしたchi11eddog氏から登場しています。

Chart by Visualizer

ベンチマーク結果では、Core i9-13900KSではシングルコアが2366pt、マルチコアが40998ptを記録しています。Core i9-13900Kと比較するとシングルコアは5.5%向上し、マルチコアは3.3%向上をしています。また、Core i9-13900との差はシングルコアが21.5%、マルチコアが6.5%向上となっています。

AMDのRyzen 9 7950Xとの比較ではシングルコアが15%、マルチコアでは8.2%の差が出ており高い動作クロックによってパフォーマンスを向上させています。

 

今回登場したCore i9-13900KSでは動作クロックの向上によってパフォーマンスが大きく向上しておりAMDの最上位モデルであるRyzen 9 7950Xと大きな差を出す事に成功しています。ただ、AMDもCore i9-13900KSの登場と同じ2023年1月頃に3D V-Cacheを搭載したRyzen 9 7950X3Dの投入を計画していると言われているため、どれだけCore i9-13900KSとの差を縮められるか見どころになると言えます。また、3D V-Cacheに関してはCinebechなどベンチマークだけではなくゲームなどにおいて効果が最も発揮されるため、ハイエンドなゲーミングPCを作る事を検討している人はをそれらの性能もどれだけ変わるのか今後のベンチマーク情報を参考にしてから買う事をおススメします。


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!