Ryzen 7 5700Gのベンチマーク出現。Ryzen 7 5800Xの5%以内の性能差

  • 2021年1月10日
  • 2021年2月12日
  • Zen3

iGPUを内蔵したRyzenがまもなくリリースされる予定ですが、今回8コア16スレッドを搭載したRyzen 7 5700GのCPU-Zベンチマークが出現しました。

『Zen3』Ryzenの最新情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

2020年期待のCPUでもある『Zen3』こと、第4世代 Ryzenシリーズですが、AMDの四半期決算にて『開発は順調に…

ES品がリークしCPU-Zでベンチマーク計測

AMD Ryzen 7 5700G / 5750G 8 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU Pictured & Benchmarked, On Par With Vermeer Ryzen 5000 8 Core CPUs (wccftech.com)

今回のリーク元は中国のテック系情報サイトであるWexinで、Ryzen 7 5700GのES品を手に入れCPU-Zでベンチマーク計測がされています。

性能はRyzen 7 5800Xより約5%低い

[smartslider3 slider=25]

今回、出現したES品のRyzen 7 5700Gでは、8コア16コアを搭載し、ベースクロックは3.0GHz、ブーストクロックは4.45GHzとなっています。クロック周波数については、ES品であるため最終品ではより高まる可能性があります。このRyzen 7 5700Gでは、4MBのL2キャッシュ、16MBのL3キャッシュを搭載しており、TDPは65W程度と見込まれています。アーキテクチャーは『Zen3』を採用しているものの、Ryzen 7 5700GのベースとなるのはCezanneと呼ばれるモバイル向けCPUとなっています。そのため、キャッシュ周りなどは全く同じ仕様となっています。

性能面では、シングルコアが614pt、マルチコアが6296ptとなっています。デスクトップ向けとして設計されたRyzen 7 5800Xではシングルコアが650pt、6593ptとなっています。そのため、Ryzen 7 5700GではRyzen 7 5800Xに比べて約シングルコアが約6%、マルチコアでは約5%低い性能となっています。

また、一世代前となるRyzen 7 4750Gとの比較では、Ryzen 7 5700Gがシングルコアで約13%、マルチコアで約5%の性能向上が記録されておりモバイル向けであるCezanneをベースとしつつもデスクトップ向けCPUとしては遜色のない性能を発揮しています。

これは参考ですが、ベンチマーク計測はオーバークロック状態でも計測されており1.468Vで4.7GHzでの動作がされています。その際の性能はシングルコアが647pt、マルチコアが6960ptとなっておりシングルコアはRyzen 7 5800Xと同等、マルチコアは約6%上回る結果となっています。

最新情報をチェックしよう!