Core i9-12900KのCPU-Zベンチマーク出現。これもRyzen 9 5950X超えに

2021年11月に発売が予定されているIntel 第12世代CPU、Alder Lake-Sですが発売が近づくにつれ、様々なベンチマーク情報が出現していますが今回、CPU-Zのベンチマーク結果が出現しました。

リーク続発中のCore i9-12900K

Intel Core i9-12900K Flagship Shown Crushing The AMD Ryzen 9 5950X In CPU-Z Single-Thread Benchmark (wccftech.com)

Alder Lake-Sについては2021年11月の発売が予定されており、レビューアーなどが既にCPUを入手していると見られています。そのためか、最近CinebenchやAotSなど様々なベンチマーク情報がリークされており今回はCPU-Zのベンチマーク情報がリークされました。

今回出現したモデルは最近リークが続発しているCore i9-12900Kでコンシューマー向けのAlder Lake-SデスクトップCPUとしては最上位に位置するモデルとなっています。CinebenchやAshes of the Singularityでは前世代のCore i9-11900KやライバルであるRyzen 9 5950Xに対しては20%を超えるスコアを記録しています。

CPUモデルP-Core E-Core 合計 コア / スレッド数P-CoreP-Core ブーストE-Core ベース / ブーストE-Core ブーストL3キャッシュTDP
Intel Core i9-12900K8816 / 24TBC / 5.3 GHz5.0 GHzTBC / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB125W (PL1)~250W? (PL2)
Intel Core i7-12700K8412 / 20TBC / 5.0 GHz4.7 GHzTBC / 3.8 GHz3.6 GHz25 MB125W (PL1)~250W? (PL2)
Intel Core i5-12600K6410 / 16TBC / 4.9 GHz 4.5 GHzTBC / 3.6 GHz3.4 GHz20 MB125W (PL1)~250W? (PL2)

CPU-Z内のシングルコアスコアベンチマーク結果のみ出現

Core i9-12900KのCPU-Zベンチマークについては、Bilibiliは中国版ニコニコ動画と言えるサイトで、その掲示板に今回のベンチマーク結果が掲載されました。

掲載されたスクリーンショットでは、シングルコアにおけるベンチマーク結果は表示されているものの、マルチコアでのスコアはモザイクをかけて隠されています。

シングルコアのスコアを見ると、Core i9-12900Kでは825ptを記録しています。比較対象として並べられているRyzen 9 5950Xでは648ptであることから、シングルコア性能は約27%高いようです。また、マルチコアスコアについては詳細は隠されているものの、Ryzen 9 5950Xを示す紫色のバーとCore i9-12900Kのスコアを示す青色のバーの長さが同じである事からスコアがほぼ同等では無いかと見られています。

なお、現時点でCPU-Zのシングルコアにおけるベンチマーク世界1位はAlder Lake-Sの一世代前のCPUに当たるRocket Lake-S世代のCore i9-11900Kで682ptを獲得していますが、Alder Lake-Sではこれを20%上回っており一位になる事は間違いないと見られています。

マルチコアでのベンチマーク結果は今回のリークでは隠されていましたが、CPU-Zで表示されているグラフがRyzen 9 5950Xとほぼ同等のスコアである事から少なくとも11500ptは有していると見られています。

現在、Core i9-12900Kと同じ24スレッド CPUではRyzen 9 5900Xが9544ptでトップとなっていますが、仮にCore i9-12900Kが11500pt程度であれば、こちらも約20%以上上回る性能になり24スレッドCPUとしてはトップの性能になると見られています。

Intel Alder Lake-Sの発売日は11月4日。予約開始は10月27日

 

もう既にレビュー用機器が出回っているためか、毎日のようにAlder Lake-S関係のベンチマーク情報がリークしていますが、消費電力に言及するリークは無いためどのような状況なのか気になります。この調子ですと近い内に消費電力関係の事も判明すると考えられますね。

最新情報をチェックしよう!