AMD Ryzen 7000シリーズの無印モデルが2023年1月10日発売予定に

AMDでは2023年1月開催のCES2023にて現在発売されているRyzen 7000シリーズに対して価格を抑えたRyzen 7000シリーズ(無印モデル)の投入を予定していますが、これら廉価モデルの発売日に関する情報が出現しました。

AMD Ryzen 7000シリーズの無印モデルはCES2023年で発表、2023年1月10日に発売へ

AMD Ryzen 7000 'Zen 4' Non-X Desktop CPUs to Launch on 10th January (wccftech.com)

AMDでは2022年9月末にRyzen 9 7950X、Ryzen 9 7900X、Ryzen 7 7700X、Ryzen 5 7600Xの4モデルを発売しましたが、これらのモデルは動作クロックと性能が高められたXバリアントで価格も若干高めになっています。

ただ、Intelが第13世代CPU Raptor Lake-Sのエントリーからミドルレンジ版を発売を同時期に予定していることから競争力を維持するために、AMDではRyzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600の3モデルの無印モデルの発売を計画しています。

このRyzen 7000シリーズの無印モデルについてwccftechが独自ソースより発売日の情報を入手したようで、2023年1月5日から開催されるCES2023にて発表が行われ、その後1週間後の2023年1月10日にRyzen 7000の無印モデルの発売がされるとのことです。

Ryzen 7000シリーズの無印モデルについては、価格はRyzen 7000シリーズの日本での販売価格が1ドル160円を当てはめるとRyzen 9 7900が$429で日本円換算が68,640円、Ryzen 7 7700が$329、日本円で52,640円、Ryzen 5 7600が$229、日本円で36,640円となっています。なお、Ryzen 7000シリーズは最近値下げされていることを考えると、これよりも更に安い価格での登場する可能性もありそうです。

 

Ryzen 7000シリーズの無印モデルは現行のXバリアントに比べて価格が抑えられることから、IntelのAlder Lake-SやRaptor Lake-Sに対して競争力を持つ製品になる可能性もありますが、ここで何度も言っていますがマザーボード価格が高すぎるため、爆発的に売れる可能性は無いといえます。ですので、Ryzen 7000の無印モデルの投入よりもA620など安価なマザーボードを投入を優先してほしかったですね・・・


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!