AMD Radeon RX 7900 XTの販売価格が欧州、日本で値下がり傾向に

AMDでは2022年12月13日にRadeon RX 7900 XTXとRX 7900 XTの2モデルを発売しましたが、発売から2週間を待たずして既にRadeon RX 7900 XTは欧州で定価を割り込む価格で販売が行われているようです。

Radeon RX 7900 XTが欧州で定価を5%下回る価格で販売。日本も値下げ気味

AMD Radeon RX 7900 XT Sees A 5% Price Drop In Europe Bringing It Below MSRP (wccftech.com)

AMDのRadeon RX 7900 XTXとRX 7900 XTについては2022年12月13日に世界各国で販売が開始され、価格はRX 7900 XTXが米国では$999、欧州で€1149、日本では18万円と言う価格が定価として位置づけられており、RX 7900 XTは米国では$899、欧州で€1049、日本では16万円が定価として販売が開始されていました。

しかし、この中でRadeon RX 7900 XTについて欧州や日本で定価を割り込むような価格で販売が行われ始めているようです。

欧州においてはドイツで特に顕著な値下げが見られるようで、PCパーツ販売を行うMindfactoryでは発売当時は€1049で販売されていたRadeon RX 7900 XTのリファレンスモデル(以下MBA)が€999で販売が行われています。

値下げ幅としては約5%と小幅なものにはなっていますが、価格が高いだけあり€50、日本円で7000円近い値下げになっています。

値下げの理由としては恐らく為替レートの影響と見られています。ドル対ユーロの為替レートはここ最近ドル安ユーロ高に推移してきておりこの為替変動を反映したため価格が引き下げられたと見られています。

欧州と同じく日本でもRadeon RX 7900 XTについては値下げが確認できます。玄人志向が出すRaedon RX 7900 XTのMBAでは発売当初は156800円で販売がされていましたが、現在は155999円と800円と値下げ幅は小さいものの、日本においてもドル安円高と言う為替レートを反映した価格に改められ始めているようです。

なお、最上位モデルとなるRadeon RX 7900 XTXについては欧州や日本においても値下げが行われているという例は出ていません。この差についてはRX 7900 XTXでは依然として品薄傾向が続いており為替レートが変わったとしても値段を下げる必要性があまり無いと言えそうです。ただ、AMDでは2022年内に20万台を超えるRadeon RX 7900シリーズを出荷すると言われているため、今後店頭に並ぶようになれば値下がりは時間の問題と言えそうです。

 

Radeon RX 7900 XTXなどの販売価格は為替レートで言うと160円台前半に設定がされていますが、現在の為替レートは1ドル132円台にまで下がり始めているためこのまま130円台をキープすれば2023年1月末頃には10%程度の値下げも期待できるかもしれません。ただ、この販売価格は代理店や量販店の意向や何と言っても為替レートに影響されてしまうため買いたいと思った時が買いと考えた方が良さそうです。

個人的には為替レートとかに期待するより年明けに行われるセールを狙った方が確実な気もしますね。

 


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!