Intel Pentium G7400のベンチマーク出現。Core i5-6600並みの性能に

Intelから2022年1月14日にAlder Lake-S世代となるPentium Gold G7400が発売されましたが、エントリーモデルであるPentium G7400のベンチマークが出現、Skylake世代のCore i5-6600並みのパフォーマンスを記録しています。

1万円で入手可能なAlder Lake、Pentium G7400

Intel's Most Entry-Level Alder Lake CPU, The Dual-Core Celeron G6900, Has Single Core Performance On Par With a 5.3 GHz Core i9-10900K (wccftech.com)

Intelでは2022年1月に開催されたCES2022にて、Alder Lake-S世代のモデルラインアップを拡充、その中でエントリーモデルであるCeleronやPentium、Core i3など各種モデルも発表されました。

今回、この中でエントリーモデルにあたるPentium Gold G7400が1月14日に発売され、海外では早速ベンチマークが取られていますが想像以上に高いパフォーマンスを発揮するようです。

Pentium Gold G7400はハイパースレッド機能が有効化されたP-Coreが2基搭載されており、合計4スレッドまで同時実行が可能となっています。動作クロックについては最大3.7 GHzとなり6MBのL3キャッシュ、2.5MBのL2キャッシュを備えておりTDPは最大46Wとなっています。

価格については税込み10,479円で販売されており、前世代のPentium G6405に比べると2500円高くなっています。

Intel Pentium Gold G7400(Alder Lake-S)|TSUKUMO公式通販サイト | 税込み10,479円

シングルコアはCore i9-10900K超えも記録。マルチコアはSkylake世代のCore i5-6600越え

Geekbench5のベンチマークはZ690マザーボードで行われており、メモリーはDDR4 32GB、OSはWindows 11と言う組み合わせで行われています。過去にCeleron G6900のベンチマークが出現した際、動作クロックは定格より1 GHz高い状態でしたが、今回は定格の3.70 GHzでベンチマークが行われています。

Pentium Gold G7400のベンチマーク結果については、シングルコアが1444pt、マルチコアが3164ptとなっています。

シングルコアの記録である1444ptはCore i9-10900Kの1393ptを3.7%上回ったスコアとなっており、シングルコア性能は非常に高くなっています。なお、前世代のPentium G6405ではシングルコアでは1000ptぐらいが平均値のため、1.4倍にまでシングルコア性能が向上している事になります。

マルチコアで記録した3164ptは2015年夏ごろに発売されたCore i5-6600の3106ptを1.9%上回る記録となっており今でもそこそこの作業では使えるSkylake世代のミドルレンジCPU並みの性能となっています。前世代のPentium G6405では2300pt台が全体的に見ていると記録されていますので、マルチコアも1.4倍近くの性能向上を記録しています。

他にも、Cinebench R15とR23で計測されたベンチマークも掲載されています。

Cinebench R15ではシングルコアが205pt、マルチコアが543ptとなっており、R23ではシングルコアが1396pt、マルチコアが3814ptとなっています。

スコアが近いデスクトップ向けCPUを探してみると、R15のシングルコアではCore i9-10900TやCore i7-8700でGeekbenchとは異なりCore i9-10900Kとは13%差を付けられています。マルチコアではRyzen 7 1700やCore i5-10400が近いスコアを記録したCPUとなっています。(参考:CPU Monkey

R23では、シングルコアはCore i5-11400に近くなっており、Core i9-10900Kに対しては2~5%以内の差となっています。マルチコアではCore i5-6600やRyzen 7 1800Xと近くなっておりGeekbenchと似た結果となっています。(参考:Computerbase

 

モバイル向けNVIDIA GeForce RTX 3070 Tiベンチマーク出現。Titan RTX並みに

 

Pentium G7400については1万円で買える手ごろなCPUの割には実用性が非常に高いパフォーマンスを記録しており、これぐらいのパフォーマンスがあればApex LegendsなどのeSportsタイトルはもちろんの事、適切な設定をすればCyberpunk2077など重いゲームもプレイする事は可能かもしれません。また、動画編集なども1080p程度の解像度であれば簡単な編集とエンコード作業は可能と見られています。

少し前まで、CeleronとPentiumと言うと人権の無いパソコンでお馴染みのCPUでしたが、Alder Lake以降では普通に使えるCPUにまで進化したのは衝撃的な出来事と言えると思います。

Pentium Gold G7400についてはツクモやパソコン工房では販売中ですが、Amazonでは初回在庫が売り切れて現在は入荷未定となっています。

Intel Pentium Gold G7400(Alder Lake-S)|TSUKUMO公式通販サイト | 税込み10,479円

Intel Pentium Gold G7400(Alder Lake-S)|パソコン工房 | 税込み10,480円

最新情報をチェックしよう!