AMDがZen 4 EPYC『Genoa』にHBM採用を検討している模様

  • 2021年7月18日
  • 2021年7月18日
  • Zen4

Intelでは2022年発売予定のサーバー向けCPU『Sapphire Rapids』XeonでHBMを搭載するモデルが準備されていますが、AMDではこれに対抗してHBMをEPYC Genoaに採用する事を検討しているようです。

Sapphire Rapidsに対抗するために?

Intel is working on an HBM version of Sapphire Rapids, AMD would do the same for Zen 4

Intelでは、2022年後半を目途にHBMを搭載したSapphire Rapids Xeonの発売を予定しています。

このHBM搭載Sapphire Rapids(SPR-HBM)はすべてのエンタープライズ及びサーバーベンダーなどに提供される予定となっていますが、どうやらAMDも2023年初旬に発売が予定されているZen4アーキテクチャを採用したEPYC Genoaでも同様に採用を検討しているようです。

AMDの顧客からはEPYC GenoaにHBMが採用されるのか気になっている模様

There is indeed a recurring question of an HBM version of Zen 4 among partners, but for the moment nothing seems definitively decided on this subject. The manufacturer could indeed reserve such a solution for certain customers or ultimately prefer a variation with 3D V-Cache.

inpact-hardware.com

フランスのInpact-Hardwareによると独自ソースからAMDがEPYC GenoaにてHBM採用を検討しているという情報を入手したとの事です。IntelがSapphire RapidsにてHBMを採用した事で、AMD EPYC Genoaでも同様にHBMがサポートされるのか複数の顧客から照会を受けているようです。これに対してAMDではまだ明確に方針が決定されていないものの、3D V-cacheを採用するX3Dの上位バージョンとしてHBM採用オプションなどを用意する事を検討しているようです。

 

AMDではX3Dを採用したEPYC Milan-Xを2022年中に発売を予定していますが、このX3Dでどれほどのパフォーマンス向上が実現するのかによってHBM採用の流れは変わってきそうに思えます。HBMをCPUに内蔵する事でDDR5より圧倒的に広い帯域幅を獲得する事が出来ますが、トレードオフとしてコストや消費電力が大きく、TDPの枠内に収めるためCPUパワーも犠牲になりますのでAMDがどのように判断するのか気になる所です。

最新情報をチェックしよう!