既存環境を維持してWindows 11を再インストールするオプションが2024年2月のアップデートで導入? USBの準備などが不要に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

既存環境を維持してWindows 11を再インストールするオプションが2024年2月のアップデートで導入へ

Windows 11などを使っていると動作に違和感があったり、いつも動いていたソフトが動かないなどで再インストールが必要な状況に陥るケースもありますが、その際に困るのが再インストール時の手間です。

例えば、Windows 11にすでに搭載されている回復オプションではWindows 11を再インストールしますが、入れていたソフトウェアなどはすべて再インストールが必要であるなど以前の環境に戻すにはかなりの労力が必要になります。

また、上書きインストールなども方法としてありますが、インストールメディアをUSBなどで作成するほか、インストールにも時間がかかるなどデメリットも存在するのですが、MicrosoftではWindows 11にOSなどのシステム復旧をより迅速に行えるオプションとして『Fix Problem using Windows Update』と呼ばれる再インストールオプションの提供を近く予定していることが明らかになりました。

このオプションはWindows 11 Insider Preview ビルド25905から導入がされており、設定のシステム、回復オプションの中に追加されています。

実際にこのビルドでこの機能が正常に動作するのかは不明ですが、説明によると『現在インストールされているWindowsバージョンを再インストールします(アプリ、ファイル、設定などは維持されます)』と記載されているため、実質的に上書きインストールと同じ機能であることがわかります。

なお、現在のWindows 11でもできる上書きインストールと機能的には変わらないのですが、処理の高速化も行われているほか、別にUSBドライブなども準備不要であるため手間は減ります。また、もしかしたらセーフモードでもこのオプションの使用が可能になるかもしれませんので、通常通り起動できないけど、環境を維持したいという場合には非常に役立つ機能になるかもしれません。

このWindows 11の新しい回復オプションについては2024年2月に予定されているWindows 11 Moment 5アップデートで正式導入されるとみられています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次