Windows 11のDev Buildが流出。デフォルトは真ん中にスタート

次世代Windowsとして『11』を示唆するような動画や壁紙を公開していたMicrosoftでしたが、先ほどWindows 11 build 21996がリークされました。Windows 11である事は確定のようです。

Windows 11で確定。UIが大幅刷新

Check out our hands-on video with Windows 11 build 21996 | Windows Central

Windows 11 Leaks! Full of Design Improvements & Changes | wccftech.com

6月24日(現地時間)にWindowsのメジャーアップデート、Windows 11が発表される予定ですが、一足先に最新の開発ビルドがリークされオンライン上に公開され、刷新されたUIなどが多くのサイトで出回っています。

開発ビルドはWindows 11である事がシステム情報から確認する事が出来、ビルドは21996となっています。

デフォルトでは、アイコン類は中央に集められており、スタートメニュー表示なども中央にすべて表示される設定がデフォルトとなっています。これはWindows 10Xでも見られていたUIとなっています。ただ、この表示が気に入らない人向けに従来通り、左側にアイコンやスタートメニュー表示がされる設定も残されるようです。Windows8の時の批判を学んだようです。

他にも、アニメーションやジェスチャーなどにも改良が加えられており、拡大、縮小表示やデスクトップ切り替えなどはiPadのようにコントロールが出来る他、動作する際のアニメーションもより洗練されたものになっています。

 

実際にSurfaceと思われる端末にWindows 11を入れ、様々な事を試す動画が@ADeltaXForceのTwitterにアップロードされているため、興味がある方は確認してみると良いかもしれません。

ADeltaXさん (@ADeltaXForce) / Twitter

ちなみに、まだ内部ビルドという事でこのような細かなバグは沢山残っているようです。

 

 

Windows 10がリリースされた際には「これが最後のWindows」とまで言われておりWindows 10を継続的にアップデートする方針となっていましたが、大規模バージョンアップでは数字を上げる方針に変えたようです。Windows 10ではMay 2021 Update (21H1)などいつのアップデートかなどは分かりやすかったものの、メジャーアップデートなのか小規模アップデートなのかは理解しにくい所がありました。そのため、Windows10として初めての大規模アップデートであるWindows 11ではiOS14やiOS15のように末尾を数字とし、メジャーアップデートである事を多くのユーザーに簡単に理解できるようにしたのでは無いかと個人的には考えています。

最新情報をチェックしよう!