Intelは2026年にTSMC 2nmを採用へ。Nova Lakeが対象に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

IntelもTSMC 2nmを採用へ。2026年投入のNova Lakeが最初のモデルに

2024年時点で最先端の半導体プロセスはTSMCが量産を開始している3nmプロセスになっていますが、2025年にさらに微細化を進めた新世代プロセス、TSMC 2nmが量産開始予定になっています。この2nmについてはTSMCは工場を新たに2つ建設するなど多くのリソースをつぎ込んでいる一方で、高コストであることから2025年時点で採用するのはAppleしか居ないと言われています。

しかし、台湾の経済新聞である経済日報によるとTSMC 2nmに対してIntelが興味を示しており2026年に投入が予定されているNova Lakeにて採用する可能性を指摘しています。

Nova Lakeはデスクトップ向けとノートパソコン向けの2つのセグメントに投入が予定されており、P-Coreを16コア、E-Coreを32コアなどコア数を増やすほか、キャッシュ容量を大幅に増やすなどかなり野心的なCPUになると噂されています。

IntelがCPUかGPUの製造にTSMC 2nmを採用するのかなど詳細については明らかにされていませんが、Intelでは同じ時期にIntel 18Aプロセスを実用化する計画で、CPU側はIntelファウンドリーで製造が行われますが、GPU側などはTSMC 2nmを使うなどMeteor LakeやArrow Lakeと同じ作戦であると考えられます。特にTSMC 2nmについてはAppleがほとんどのキャパシティーを使っているほか、TSMCにとっても優先顧客はAppleであるためTSMC 2nmでCPUもGPUも両方作る余力はないと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • なぜ自社ファブで生産せず、わざわざコスト増になる他社に頼って生産しようとするのか
    つまりインテルの言う~nmガーの類は信用してはならない

コメントする

目次