Google Tensor G4のベンチマークが登場。コア数が減少し性能も低め?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Google Tensor G4のベンチマークが出現もコア数が減少し性能も低め。

Googleが次世代Pixelで搭載が予定されているTensor G4では現行のPixel 8に搭載されているTensor G3のリフレッシュ版になるとみられています。

現行のTensor G3は同年に登場していた競合のハイエンドSoCのSnapdragon 8 Gen 3やDimensity 9300などに対して性能が大きく劣るなどPixel 8のハードとソフトのバランス含めた完成度は高いものの、スペックを要求されるゲームなどでは競合に対してかなり劣る結果になっています。

今回そんなリフレッシュ版にあたるTensor G4のGeekbench 5のベンチマーク結果が登場し、現行のTensor G3に対してコア数が減る可能性が出ています。

Google Pixel 8 Pro vs Google Tokay – Geekbench

今回出現したGeekbench 5のスコアは試作品と見られるモデルでモデル名はGoogle Tokayと記載されるなどGoogle Pixel端末であると考えられます。このベンチマーク結果に掲載されているSoCの仕様は8コア構成になっており、性能が高いコアから順に1+3+4構成になっています。また、動作クロックは性能が最も高いプライムコアが3.1 GHz、Pコアが2.6 GHz、Eコアが1.95 GHzに設定されています。

このコア構成は現行のTensor G3の9コアに対して1コア減っています。減ったコアはPコアでTensor G3は4コアでしたが、今回のTensor G4と見られるSoCでは3コアになっています。

今回のTensor G4はTensor G3のリフレッシュモデルになると見られていましたが、コア数が1コア減らされている理由は定かではありません、また、過去に登場したリークに反してTensor G4がExynos 2300ではなく、最新鋭のExynos 2400をベースにしたとしても、Exynos 2400では1+5+4構成の10コアSoCになるため今回登場したTensor G4とは異なる構成になっています。

なお、ベンチマークのスコアはシングルコアが1082ポイント、マルチコアが3121ポイントと低いスコアになっています。これは初期の試作段階であることが原因と言えますが、量産段階になってもコア数が減ってしまっているため、2024年に登場予定のSnapdragon 8 Gen 4やDimensity 9400などに対抗することは困難と言えそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次