Surface Pro 8の発売日は11月?TigerLakeの登場時期がヒントに

  • 2020年8月10日
  • 2020年12月24日
  • Surface

f:id:gazooooo:20200810003754j:plainSurface Pro 7が2019年10月22日に発売され、間もなく1年が経とうとしており、例年Surface Proシリーズを1年毎に出している事とSurface Pro 8の登場は近いと思われます。

その登場時期のヒントとなりうるのが、Intelの新CPUであるTigerlake。また、Tigerlakeの登場時期から考えるとSurface Pro 8は2020年11月~12月頃に登場する可能性があります。

現在ある噂は?

2020年8月現在、海外含めて信憑性の高いリーク情報はまだ出ていません。

ソーラーパネル搭載の特許を元にSurface Pro 8では搭載されるのでは?と噂されていますが、ソーラーパネルのコストと発電できる電力量を考えると非現実的と考えられます。

しかし、最近発売されたSurfaceシリーズの傾向や従来シリーズの発売タイミングを紐解いでいくと、おおよその発売日やアップグレード内容を予測できます。

なお、ここで記載されている事は予測も入っていますので外れる可能性も大いにあります。新しいリーク情報など入手し次第、更新します。

ベゼル幅をより薄く『狭額化』へ

f:id:gazooooo:20200810004007j:plain

Surface Proシリーズのデザインは2015年10月発売された『Surface Pro 4』以来、デザインのほとんどは変わっていません。

本体デザインに関しては、シンプルで機能的なデザインは十分完成されているため変える必要が無い一方で、ベゼルの幅に関してはiPad Proなどのタブレット端末で狭額ベゼルが流行し始めており、現行のSurface Proシリーズは少々古臭さが出ています。

Surface Go 2 ではSurface Goに比べてベゼルの幅を小さくしています。

そのため、Surface ProシリーズではSurface Go 2のように競合製品との競争力を保つためベゼルの狭額化など本体デザインのアップデート実施するものと考えられます。

 

CPU(GPU)大幅進化と併せてアップデート

Surface Proシリーズの発売はSurface Pro 4と5の間を除き、毎年リリースしています。

モデル発売日搭載CPUCPU世代搭載CPU発表日
Surface Pro2013年2月9日Ivy Bridge第3世代2012/4/24
Surface Pro 22013年10月22日Haswell第4世代2013/6/4
Surface Pro 32014年6月20日Haswell第4世代2013/6/4
Surface Pro 42015年10月26日Skylake第6世代2015/9/1
Surface Pro (5)2017年6月15日Kabylake第7世代2017/1/3
Surface Pro 62018年10月16日Kabylake-R第8世代2017/8/21
Surface Pro 72019年10月22日Icelake第10世代2019/5/28
Surface Pro 82020年10月~11月?Tigerlake第11世代2020/9/2

また、CPUの世代交代と併せてリリースしている傾向もあります。

2020年は、Intelの新アーキテクチャ採用の『Tigerlake』CPUがリリースされる予定で性能の大幅向上が見込まれます。

そのため、Microsoftは競争力を保つため、またコロナで増えるテレワーク需要を多く取り込むため、Surface Pro 7から丁度1年ほど経った11月頃にSurface Pro 8をリリースすると考えられます。

2021年6月説もありそうですが、『Tigerlake』の次である『Alderlake』も2021年下半期にリリース予定となっています。この『Alderlake』では電力消費が大幅に抑えられた設計が取られる予定で、タブレットPCでは絶大な商品性向上に繋がります。

そのため、もしSurface Pro 8が2020年秋のタイミングを逃し、Surface Pro 3や5のように2021年6月に発売となると半年でCPUが旧世代になってしまい競争力の確保が困難になると考えられます。

ギャズログ | Gaz:Log

7nm開発遅延問題など何かと暗い話題が多いIntelですが、ラップトップ、タブレット向けの新CPUである『Tigerla…

2020年リリース予定の『Tigerlake』では、新しい内蔵グラフィックスである『Xe』が初めて搭載されグラフィックス性能の大幅向上が想定されています。

Microsoftとしても従来のSurface Proに比べて性能の大幅アップを示せ、そこそこのグラフィックス性能重視のユーザーも取り込めるチャンスになると考えられます。

6月時点のデモ機でBFVをHigh設定をフルHD30fpsで動かせていましたので、ひょっとしたら近日発売のFlight SimulatorなどGPUヘビーな最新のタイトルも画質設定を大きく落とさずにプレイ可能になるかもしれません。

タブレット端末でPCゲームの画質を大きく落とさずにプレイできるのはかなり夢がある話ですので、Surface Pro 8とTigerlakeの組み合わせが今年出るのか気になる所です。

最新情報をチェックしよう!