水平器を搭載したGeForce RTX 4090出現。反ったら一瞬で分かるのが魅力?

NVIDIAが2022年10月12日に発売したGeForce RTX 4090ではTDP450WのGPUを増やす為に巨大かつ重量があるGPUクーラーが搭載されていますが、この重量が原因でGPUが反る場合があります。そんなGPUの反りがすぐに発見できるように水平器を内蔵したGeForce RTX 4090が中国で発売されたようです。

大きさ巨大なNVIDIA GeForce RTX 4090

GeForce RTX 4090 Has a Spirit Level to Prevent GPU Sagging | Tom's Hardware

NVIDIAのGeForce RTX 4090は2022年10月12日に発売されたNVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ最上位モデルで、CUDAコアは16384コアで動作クロックはベースが2235 MHz、ブースト時が2520 MHz、VRMは21.2Gbpsで動作するGDDR6Xが24GB、バス幅384-bitという仕様になっています。また、消費電力に関してはデフォルトで最大450W、オーバークロックなどを行うと最大600W程度まで上がるため、GPUクーラーに関しては今まで見た事が無いぐらいにまで巨大化しており、一部AIB製カードでは高さがPS5並みで、重さもグラフィックカード本体だけで2kgを超えています。

そのため、GeForce RTX 4090など重量級のグラフィックカードをPCIe x16スロットに差し込み、ブラケットをPCに固定した状態では固定されていない側が重さに耐えきれずグラフィックカードが反るという現象が起きてしまいますが、中国のAIBがグラフィックカードが反っている事を発見できるようにRTX 4090自体に水平器を搭載したモデルを発売したようです。

AliExpressで発売開始の中国AIB製GeForce RTX 4090

SHELI 51RISC New RTX4090 Graphics Card GDDR6X NVIDIA GPU 4nm 24GB 384Bit 12Pin Video Card Gamer RGB 2235Mhz placa de video| | - AliExpress

今回、水平器を搭載したGeForce RTX 4090はSHELI 51RISCと呼ばれるAIBが発売したモデルで、AliExpressで販売がされています。

デザインとしては、ASUSやGIGABYTEなど多くのAIBが採用している3スロット、トリプルファン搭載のクーラーを採用しているのですが、側面を見ると2つの水平器が搭載されています。

この水平器の用途についてAliExpressの説明には記載がありませんが、海外ではGPUが水平かつ反りが無いか、日曜大工の現場で使えるとネタにされているようですが、GPUの反りに関しては多くのAIBで同封されているGPUステイがこのSHELI 51RISC製RTX 4090には無いとの事です。

なお、このGeForce RTX 4090に関しては2299ドルで販売中との事です。通常のGeForce RTX 4090は約1599ドルで販売されている事を考えると、非常に高価なグラフィックカードになっていますが、動作クロックは定格でなぜここまで高価なのかは不明です。

 

このGeForce RTX 4090に関しては水平器を見ればGPUが反っていたりすれば分かりそうですが、それ以外のメリットは無く恐らくデザイン面で水冷っぽく見せる意図で付けられていると見られています。

ただ、このデザインに魅力を感じて購入を考えている場合は正直避けておいた方が無難です。というのもRTX 4090は本来1599ドルから販売されているモデルで、この水平器付きRTX 4090は2299ドルと1.4倍近くし、ブランドも聞いたことが無い中国のブランドです。そのため、無難にASUSやGIGABYTE、MSIなどの中からピンと来るデザインのモノを選んだ方が良いです。

 

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

 

最新情報をチェックしよう!