Snapdragon 8 Gen 4はすべてTSMC生産。サムスン参戦は2025年以降に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Snapdragon 8 Gen 4はすべてTSMC 3nmで生産。サムスンの参画は2025年以降に計画

Qualcommでは2024年にSnapdragon 8 Gen 4の発表を予定しており、同SoCにはAppleのA17 Proなどに対抗するためプロセスノードを最新鋭の3nm系を用いる事が計画されています。ただ、この3nmについてはTSMCやサムスンの2社での製造が可能ですが、どちらで製造がされるかは情報が錯綜しており、一時は2社を使ってSoC製造のデュアルソーシング化が行われるとも言われていました。

しかし、調査会社のTrendforceによると最新の計画ではQualcommはSnapdragon 8 Gen 4の製造をすべてTSMCにて製造する事を決めた事が明らかになりました。

Snapdragon 8 Gen 4で採用される3nmについては最先端プロセスであり、4nmに比べると25%以上コストが高騰するほか、歩留まりもあまり高くないと言われています。そのため、Qualcommではコストを抑えるためにデュアルソーシング化をチラつかせる事でTSMCとサムスンからより良い契約条件を抑えつつ、供給の安定性を確保する事を狙っていたと見られています。しかし、このデュアルソーシング化の条件としてTSMC、サムスン共に歩留りが70%以上に達する事を定めていたのですが、どうやらサムスンはこの要件に当てはまらなかったか、単純に調達コストや供給量的にQualcommの要求を満たす事が出来なかったようです。

そのため、噂に合ったデュアルソーシング化は無く、Galaxy向け専用にサムスンファウンドリーで作られるSnapdragon 8 Gen 4 for Galaxyなどの特殊SoCも登場しないと見られています。

ただ、Qualcommではデュアルソーシング化について諦めてはいない様で、2025年以降に投入が予定されるSnapdragon 8 Gen 5などでは再びサムスンの3nm GAAをラインアップに加えて製造を行う事を検討しているため、2025年以降はTSMCとサムスンが製造するSnapdragonが登場する可能性があるようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次