AMD Ryzen 9 8945HSとRyzen 5 8645HSのベンチマークが登場。TDP28WのCore Ultra 7 155Hに若干劣る

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AMD Ryzen 9 8945HSとRyzen 5 8645HSのベンチマークが登場。Core Ultra 7 165H並みのCPU性能を発揮

AMDでは2024年初旬に現行のRyzen 7040シリーズのリフレッシュ版にあたるRyzen 8040シリーズの投入を計画しています。このRyzen 8040シリーズではCPUにはZen 4、GPUにはRDNA3を搭載するなど現行モデルとアーキテクチャーは同じですが、AI機能を司るXDNAについては性能が1.6倍引き上げられており、Windows 12で重視されるAI性能の強化が主に行われています。

今回、そんなリフレッシュモデルのハイエンドモデル、Ryzen 8945HSとミドルレンジモデルのRyzen 5 8645HSのCPUおよびGPUのGeekbench結果が登場しました。

スペックについては上位のRyzen 9 8945HSでは8コア16スレッド構成のCPUになっており、ベンチマークで記録されている動作クロックは4.0 GHzのベース、5.2 GHzのブーストクロックが記録されています。他のキャッシュ構成などは現行のRyzen 7040シリーズと同じく、L2は1 MB、L3は16 MB構成になっています。

ミドルレンジのRyzen 5 8645HSでは6コア12スレッド構成で、動作クロックは4.3 GHzのベース、5 GHzのブーストクロックに設定されています。

今回のベンチマークはすべてES品で行われており、市販版においては動作クロックは更に向上すると見られています。TDPについてはRyzen 8040HSシリーズは標準が45Wで、OEMの設定によって35~54Wの間で変更が可能になっています。今回のTDPは不明ですが、ES品という事で標準仕様の45Wでベンチマークが取られていると推察されます。

プロセッサー名Multi-Core スコアSingle-Core スコア
Ryzen 7 7745HX (8-Core)131002700
Core Ultra 7 155H (14-Core)128532346
Core i9-13900H (14-Core)128002486
Ryzen 9 8945HS (8-Core)126832608
Core Ultra 7 165H (14-Core)125452502
Ryzen 9 7940HS (8-Core)120002500
Core Ultra 5 125H (12-Core)118262200
Ryzen 7 7840HS (8-Core)115632439
Core i7-13700H (14-Core)111332300
Ryzen 5 8645HS (6-Core)106272490
Core i5-13500H (12-Core)100002208
Ryzen 5 7640HS (6-Core)96002350
Ryzen 9 6900HX (8-Core)94341970
Core Ultra 5 135U (12-Core)93962174
Ryzen 7 6800H (8-Core)89871865
Ryzen 5 6600H (6-Core)72081757

Ryzen 9 8945HSの性能は先代のRyzen 9 7940HSに対してマルチコアは5.7%、シングルコアは7%とリフレッシュモデルではあるものの5%を超えるなど高めのスコアになっています。そのため、同等のTDP45W帯のCPUであるCore i9-13900H並みのマルチコア性能を発揮しています。

しかし、TDP 28W帯のCore Ultra 7 155Hに対しては1.5%ほど劣っており、TDPの差を考えると電力効率の面ではCore Ultra 7の方が優れている可能性がありそうです。(ただし、バッテリー持続時間がRyzen 9 7840HSに劣ると言う結果もある他、Ryzen 9 8945HSはES品で最適化不足の可能性もあり)

ただ、シングルコア性能については大きく向上しており、断トツでCore i9-13900Hに対しては5%、Core Ultra 7 155Hに対して10%優れる結果になっています。

Ryzen 5 8645HSについても先代のRyzen 5 7640HSに対してマルチコアは7%、シングルコアは6%とスコアの改善が見られており、Core i5-13500Hを6%上回り、Core i7-13700Hに対して4.5%劣るレベルにまで迫っているためミドルレンジ向けCPUとしては高いパフォーマンスを発揮しています。

スクロールできます
グラフィックスカードスコア
RTX 2050 (Laptop)40716
GTX 1650 TI (Laptop)39219
Arc A380 (Desktop)37035
GTX 1060 6 GB (Desktop)35355
GTX 1650 (Laptop)33832
Radeon 780M (Ryzen 7040)33641
Radeon 780M (Ryzen 8040)33422
MX550 (Laptop)31975
GTX 1060 (Laptop)29484
Arc A310 (Desktop)29267
Arc A370M (Desktop)29110
Radeon 760M (Ryzen 8040)28628
Radeon 760M (Ryzen 7040)26889
Arc A350M (Laptop)25121

今回のベンチマークではGeekbenchのVulkanスコアも明らかになっていますが、内蔵GPU性能については同じアーキテクチャーで動作クロックも変わっていない事からRyzen 7040シリーズに対してスコア差はありません。なお、これはES品であるため性能が同じ可能性もありますが、CPUほど大幅なスコア向上は期待しない方が良さそうです。

AMDのRyzen 8040シリーズについては2024年2月から搭載ノートPCの出荷が開始される予定になっており、さらなる詳細は2024年1月初めに開催されるCES2024で明らかにされる予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次