AMD Ryzen 8000Gの性能が判明。Ryzen 5000Gより2.5倍のグラフィック性能に

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AMD Ryzen 8000Gシリーズのグラフィックカード性能が判明。Ryzen 5000Gに対して2.5倍の性能に

AMDでは2023年末から2024年初旬にかけてデスクトップ向けのソケットAM5向けにRDNA3とZen 4を内蔵したRyzen 8000GシリーズAPUを発売すると見られており、既にソケットAM5対応マザーボード向けに同APUに対応するAGESA BIOSなども投入されています。

そんなAMDのRyzen 8000Gシリーズですが中東のメディア『Sakhtafzarmag』がこのAPUのラインアップと性能に関する情報を入手したようです。

Ryzen 8000Gシリーズのラインアップは合計13モデルが計画されており、この中でコンシューマー向け製品は4モデル計画されており、上位モデルでは12基のCompute Unit (CU)を搭載できるPhoenix 1ダイのRyzen 7 8700Gと8基のCUを内蔵するRyzen 5 8600G、そして廉価モデルではPhoenix 2ダイを内蔵し、4基のCUを内蔵するRyzen 5 8500GとRyzen 3 8300Gが計画されています。

他の9モデルについてはエンタープライズ向けおよびBTO向けになっていますが、一部を除いてはコンシューマー向けと変わらない仕様になっています。

Ryzen 7 8700Gと先代のRyzen 7 5700Gを比べたゲーミングベンチマークも判明しています。ベンチマーク結果ではRyzen 7 8700Gが先代モデルに対して約2.5倍以上のパフォーマンスを発揮しています。

具体的なスコアはパーセンテージでの比較であるため明確ではありませんが、Ryzen 5 5700Gで記録されているパフォーマンスをベースに考えると、3DMark TimeSpyにおいては先代が924ポイントほどで、Ryzen 7 8700Gは2.6倍程度のスコアという事で2400ポイント、ゲームではGTA Vが先代は平均50FPS程度でしたが、2倍程度という事で100FPSなどグラフィックス設定を上げ過ぎず、解像度も1080p程度であればほとんどのゲームは快適にプレイできそうな性能になっています。また、Ryzen 8000Gはデスクトップ向けAPUであるため、内蔵GPUのオーバークロックも可能であるため、オーバークロックによって更に高いグラフィックス性能も期待できるAPUになっています。

そんなRyzen 8000Gシリーズは2024年1月開催のCES2024にて発表され、2024年第一四半期中には発売が開始されるものと見られています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次