AMD Ryzen 7000シリーズは24/48GBメモリーには現時点では非対応

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

DDR5メモリーの容量として一般的なのは8/16/32GBなどでしたが、ここ最近24/48GBと言った容量を持つDDR5メモリーも発売されておりIntelの600/700シリーズマザーボードでは最大192GBのメモリー容量までサポートをする事を発表していますが、AMDの600シリーズマザーボードに関しては少々状況が異なるようで現時点で24/48GBメモリーを使うと起動が出来ない事が明らかになりました。

目次

Ryzen 7000シリーズ対応のAMD 600シリーズマザーボードでは24/48GBメモリーはサポートせず

DDR5のメモリーとして一般的なのは8/16/32GBでしたが、最近では大容量化が進み24GBや48GBと言ったメモリーも発売されています。この24/48GBメモリーについてはIntelがいち早く対応を謳っており、600/700シリーズマザーボードでは48GBを4枚搭載する事で最大192GBのメモリー容量を実現する事が可能となっていますが、AMDのRyzen 7000シリーズに対応する600シリーズマザーボードではこの24/48GBメモリーについては対応していない事が明らかになりました。

GPU関連の情報をリークしているMEGAsizeGPU氏がCorsair Vengeance 24GBのメモリーキットをRyzen 7000シリーズ対応のB650Eマザーボードに搭載してみたところ、BIOS上では2つのDDR5メモリーを認識する事は出来たとのことですが、ハードウェアエラーとなってしまいWindowsの起動までたどり着くことが出来なかったとの事です。

AMDではこの24/48GBのサポートについては明言していませんが、少なくともMEGAsizeGPU氏が試した限り動作は不可能と言う事で現時点ではAMD製システムに24/48GBメモリーを組み合わせても利用できる可能性は限りなく低いと言えます。ただ、Intelが対応している事を踏まえるとAMDは今後のBIOSアップデートなどで24/48GBメモリーへの対応を進めるものと見られています

 

現行の32GBx2枚でも64GBと言うかなりの大容量を実現できる事から、24/48GBメモリーの需要がどれだけあるのかは不明ですが、Intelが既に対応しているためAMDも早い内に24/48GBメモリーへの対応は行われるものと見られています。なお、24GBx2枚セットは約3万円、48GBx2枚セットは6.2万円で販売されているため、気になる方はArkで販売されているため一度確認してみる事をおススメします。

Corsair CMK96GX5M2B5200C38 VENGEANCE DDR5 288pin DDR5-5200 CL38-38-38 96GB(48GBx2枚組)SET 1.25Volt XMP3.0 – 製品詳細 | パソコンSHOPアーク

Corsair CMK48GX5M2B5600C40 VENGEANCE DDR5 288pin DDR5-5600 CL40-40-40 48GB(24GBx2枚組)SET 1.25Volt XMP3.0 – 製品詳細 | パソコンSHOPアーク


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 現行世代で急いで対応する必用はないかな
    128GB越え目的ならTRですし、OSもHOMEでは対応できませんしね
    48GBx2を2スロットで増設できるため、速度低下の懸念がないくらいですかね

コメントする

目次