AMDがRyzen 7000シリーズを減産へ。売れ行きが芳しくない模様

AMDでは2022年9月27日にZen4アーキテクチャーを搭載するRyzen 7000シリーズCPUの発売を行いましたが、どうやらこのRyzen 7000シリーズCPUに関してAMDの想定を下回る売れ行きのようで、近い内に減産を予定しているようです。

マザボやメモリーなどが高いRyzen 7000シリーズ

AMDが2022年9月27日に発売したRyzen 7000シリーズではTSMC 5nmを採用するZen4アーキテクチャーを搭載し、IPCや動作クロックの大幅向上により前世代のRyzen 5000シリーズやIntelの第12世代CPU Alder Lake-Sを超える高いパフォーマンスを発揮するモデルとなっており、自作PCユーザーの間では期待が高かったモデルとなっていました。

しかし、発売されるとCPUの価格は前世代と大きくは変わっていないものの、マザーボードは発売時には最低5万円以上するX670のみ発売、加えて高価なDDR5が必要であるなどRyzen 7000シリーズCPUを動かすために必要なコストが高い事から発売時には最上位モデルに位置するRyzen 9 7950Xつづいて、Ryzen 9 7900Xの売れ行きはまぁまぁなものの、Ryzen 7 7700XやRyzen 5 7600Xに関してはほとんど売れないという状況が世界中で起きていました。

そんなAMDのRyzen 7000シリーズについて最近では廉価版となるB650マザーボードの投入も行っていますがそれでも最低3万円と高く、売れ行きは芳しくない様で遂にRyzen 7000シリーズCPUの減産にAMDは踏み切るようです。

Ryzen 7000シリーズは減産へ。売れ筋はRyzen 9 7900XでRyzen 5や7はほとんど売れず

AMD Lowers Ryzen 7000 "Zen 4" CPU Production Plan Due To PC Market Decline, Ryzen 9 7900X Best Selling AM5 Chip (wccftech.com)

wccftechが入手したAMDの内部情報によると、AMDではRyzen 7000シリーズについて近い内に減産を計画しているとの事です。この減産の理由としては、PCマーケットの記録的な需要後退の他に、Ryzen 7000が対応するソケットAM5プラットフォームの低い売上が影響しているとの事です。

特に、ソケットAM5プラットフォームについてはAMDはPCIe Gen 5.0やDDR5への対応は多くのユーザーの関心を集めるという想定だったもののX670は最低5万円台、B650でも最低3万円以上と価格が高すぎる事が原因でユーザーがAM4からAM5へ移行が進んでいないとの事です。

内部情報ではRyzen 7000シリーズの中でどのモデルが人気があるのかについて記述されているようで、最も人気があるRyzen 7000シリーズは上から2番目のモデルとなるRyzen 9 7900Xとの事です。このモデルは価格的に安価なRyzen 7 7700XやRyzen 5 7600Xに対して非常に高い売上高を記録している状態との事です。このRyzen 9 7900Xの高い人気に関しては、そもそもB650もX670も非常に高価なマザーボードであり、それだけ高価なマザーボードを買うユーザーはハイエンドモデルしか求めないからと見られています。

 

AMDのRyzen 7000シリーズでは日本では円安の影響もありコストパフォーマンスは非常に低いのが現状ですが、海外でもマザーボードやDDR5などCPU以外にかかるコストが高すぎる事からあまり関心を集められていないのが現状のようです。実際に、そこそこ高性能がゲーミングPCを作りたければRyzen 7000シリーズよりRyzen 7 5800X3Dで組んだ方が安上がりな上に性能はRyzen 7 7700Xと大きく変わらないためそのようなユーザーも多いのかもしれませんね・・・

現在世界的にはインフレで個人がPCなどに使えるコストは2021年と比べると大幅に少なくなっているとも言えるためAMDは安価なAM5マザーボードを出すなど対策に出ないとコンシューマー向けCPUの分野のいては厳しい戦いを強いられる事となりそうです。

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!