Ryzen 5000シリーズが値下げへ。Alder Lake-S登場に備えてる模様

登場から間もなく1年が経過しようとしているAMDのRyzen 5000シリーズCPUですが、世界的に価格が値下がりしている模様です。

Ryzen 5000シリーズが値下がりへ。Alder Lake-Sに備えてる?

AMD Ryzen 5000 series are getting cheaper ahead of Intel Alder Lake release - VideoCardz.com

Ryzen 5000シリーズは2020年10月8日に発表がされ、11月6日より発売が開始されたCPUですが、間もなく登場から1年が経過しようとしている事や、性能面でRyzen 5000シリーズを上回ると言われているIntel Alder Lake-S CPUの登場に備えてか、英国や北米、欧州など世界各国で値下げが行われている模様です。なお、日本ももちろん値下がり気味です。

Ryzen 9 5950Xを除き、すべてのモデルが10%以上の値下げ

AMD Ryzen 5000 series are getting cheaper ahead of Intel Alder Lake release - VideoCardz.com

AMD Ryzen 5000シリーズについては発売から半年近くは品薄状態が続いており、メーカー希望小売価格(以下MSRP)を上回る額で販売される事が多々ありましたが、OC3D.netによると、4月以降は在庫状況が改善しAlder Lake-Sの登場なども控えている事から世界各国で値下がり傾向になりつつあるとの事です。

CPUモデル

US
MSRP

Amazon US
販売価格

UK
MSRP

Amazon UK
販売価格
EU
MSRP
Geizhals
販売価格
AMD Ryzen 5 5600X$299$273 (-9%)£290£244 (-16%)€ 299€265 (-11%)
AMD Ryzen 7 5800X$449$394 (-12%)£429£352 (-18%)€ 449€379 (-16%)
AMD Ryzen 9 5900X$549$589 (+7%)£530£450 (-15%)€ 549€489 (-11%)
AMD Ryzen 9 5950X$799$749 (-6%)£750£698 (-7%)€ 799€699 (-13%)

価格は北米以外ではRyzen 9 5950Xを除いてはすべてのモデルがMSRPら10%以上の値下げ幅になっています。特にRyzen 7 5800Xは値下げ幅が大きく、平均約15%の値下げとなっています。一方で北米ではRyzen 9 5900Xのみ7%の値上げとなっていますが、その他の国では10%以上の値下げとなっており北米でも時期に値下がりがされると見られています。

価格遷移も発売間もない11月と12月にかけてはMSRPを上回る価格で販売がされ、その後4月までその状態が続きます。ただ、それ以降は入手性が改善された事やAlder Lake-Sの噂や発表などにより値段は明確に下げ方向に推移して行っています。

日本でも10%近い値下げ。Ryzen 9 5950Xは定価より-15%の価格で販売中

Videocardzの情報は北米、英国、欧州での話ですが、日本におけるRyzen 5000シリーズの価格も海外と同じように値下がり傾向にあります。

CPUモデル

日本
MSRP(税込)

価格.com
最安値(税込)
AMD Ryzen 5 5600X\39380\34980 (-11%)
AMD Ryzen 7 5800X\58828\50480 (-14%)
AMD Ryzen 9 5900X\71478\68980 (-3%)
AMD Ryzen 9 5950X\106480\89980 (-15%)

価格.comでの販売価格を確認すると、Ryzen 5 5600XやRyzen 7 5800X、Ryzen 9 5950XなどのCPUはMSRPから10%以上の値下げが記録されており、Ryzen 9 5950Xに至っては当初106,480円と非常に高価なCPUでしたが、今では15%安い89,980円で購入する事が出来ます。

一方で、Ryzen 9 5900Xに関してはMSRPから3%しか下がっておらずアメリカと少し似た状況になっています。

ただし、AMDが出しているMSRP自体には改定は入っていない様で、Joshinやドスパラ、TSUKUMOなど大手家電量販店の価格はすべて発売当時のMSRPに近い価格のままで販売がされています。ただ、その他のショップで値下げ販売が行われている事から近いうちに大手家電量販店でも値下げされた状態で販売がされると考えられます。

 

AMDのRyzen 5000シリーズは登場からもうすぐ1年近く経過しますが高い価格を長い間維持できていたと言えます。今後Alder Lake-Sなどの登場に備えてこのように値下げが行われていますが、11月にAlder Lake-Sが発売されれば更に値下げが行われるかもしれません。ただ、今の価格よりも値段が下がればコストパフォーマンス的に非常に良いCPUとも言えますので人気は依然として維持できるかもしれません。

Alder Lake-Sの『KFシリーズ』を用いた様々なベンチマーク結果が出現

個人的には、この値下げはAlder Lake-Sに備えた対策だけでは無く、3D V-Cacheを搭載したRyzenシリーズの登場にも備えている気がします。Alder Lake-Sの性能がRyzen 5000を超える事はAMDも予想していたはずですので、3D V-Cacheでハイエンド帯は巻き返しを図るのかもしれません。

ギャズログ | Gaz:Log

NVIDIAやAMDの2社の間に割って入るIntelのディスクリートGPU、Arcの第一世代製品Alchemistですが…

最新情報をチェックしよう!