新世代GPUはRadeon RX 7900 XTが最多販売?次点でRTX 4070 Tiの模様。

NVIDIAとAMDではそれぞれアッパーミドルレンジ帯となるグラフィックカードを2022年末から2023年初めにかけて発売をしましたが、ドイツの大手量販店によると、現行世代グラフィックカードの中で最も売れているのがAMD Radeon RX 7900 XTとなり、次点でNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiがランクインしているようです。

新世代GPUではAMD Radeon RX 7900 XTが最多販売を記録中。次点でNVIDIA GeForce RTX 4070 Tiがランクイン。

NVIDIAとAMDでは2022年末からそれぞれGeForce RTX 4000シリーズとAMDではRadeon RX 7000シリーズをそれぞれ発売しています。

NVIDIAについては最上位モデルのGeForce RTX 4090を10月から発売し、11月にRTX 4080、1月にRTX 4070 Tiを発売、AMDでは12月に最上位モデルのRadeon RX 7900 XTXとハイエンドのRX 7900 XTの2モデルを同時発売としていますが、ドイツの大手量販店でもあるMindfactoryで記録されているこれら新世代GPUの販売数に関するまとめが出現し、AMDが今世代では善戦している事が明らかになっています。

まず過去1週間の販売台数に関しては、最多販売はNVIDIAのGeForce RTX 4070 Tiがランクインしており、280個の販売が記録されているようです。この販売数は価格が半分以下のミドルレンジモデル、RTX 3060の255個を上回る販売数で、価格の割には非常に良好な売り上げを記録しています。

AMDについては最も売れたのはRadeon RX 6700 XTで180個となっており、その次にRX 6600が130個、そしてその次にRadeon RX 7900 XTXが120個で登場しています。RX 7900 XTについては100個となっておりRTX 4070 Tiほどではないにしても良好な販売台数を誇っています。

一方で、各モデルの合計販売個数に焦点を当てて見ると週間販売台数とは異なる状況となるようです。2022年以降に販売が開始されたグラフィックカードについては以下の通りになります。

モデル販売個数
GeForce RTX 40901510
GeForce RTX 40801625
GeForce RTX 4070 Ti1755
Radeon RX 7900 XTX1170
Radeon RX 7900 XT1865

販売個数に関しては、Radeon RX 7900 XTが最多となっており、1865個、次にGeForce RTX 4070 Tiの1755個からRTX 4080、RTX 4090とRadeon RX 7900 XTXとなっています。

Radeon RX 7900 XTについてはドイツでは最安値モデルが€944でNVIDIAのGeForce RTX 4070 Tiの€898より高値で販売が行われていますが、RX 7900 XTにはVRAMが20GB搭載されている事やレイトレーシングを除く性能はRTX 4070 Tiより優れている事からこの様な結果になっていると見られています。

日本ではRTX 4070 Tiが最安値が13~14万円台で販売されている事や、NVIDIAのブランドイメージが高い事も相まって価格.comのランキングを見るとRadeon RX 7900 XTやRX 7900 XTXよりRTX 4070 Tiの方が圧倒的に売れているように見受けられます。

 

AMDのグラフィックスカードについては2022年下半期にはシェアが10%を割っていると言われていましたが、Radeon RX 7900 XTの善戦具合を見ると今後、Radeon RX 7700やRX 7600などミドルレンジ向けをNVIDIAより安価な価格で販売できればシェアを挽回する事は可能かもしれません。

現状ではNVIDIAがグラフィックカード市場の8割を握っており、価格設定の面でもRTX 4000シリーズから異常に高騰するなど寡占による弊害も出始めているのでAMDには是非とも頑張ってもらいたい所です。


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!