NVIDIA GeForce RTX 4090の3DMarkベンチマーク出現。RTX 3090より性能1.8倍向上

NVIDIAでは2022年10月12日にGeForce RTX 4090を発売しますが、今回この最上位モデルの3DMarkベンチマークが出現し、RTX 3090に対して1.8倍の性能向上が記録されたようです。

2022年10月12日発売のNVIDIA GeForce RTX 4090

NVIDIA GeForce RTX 4090は2022年10月12日に発売が予定されている最上位GPUとなっており、CUDAコアは16384コアで動作クロックはベースが2235 MHz、ブースト時が2520 MHz、VRMは21.2Gbpsで動作するGDDR6Xが24GB、バス幅384-bitという仕様になっています。非常にハイスペックな仕様であることから価格は日本円で税込298,000円から販売されますが、今回このRTX 4090の動作クロックや消費電力に関するリークが出現しました。

性能はGeForce RTX 3090に対して1.8倍向上

今回出現したリークはGeForce RTX 4090のリファレンスモデルとみられており、ベースの動作クロックが2235 MHz、ブースト時のクロックが2520 MHzに設定されています。

ドライバーに関してはレビューアーなどに提供されている521.90が用いられています。

ベンチマークは3種類用いられており、それぞれ3DMark TimeSpy Extremeが18,892pt、FireStrike Ultraが25,256pt、レイトレーシングパフォーマンスを計測するPort Royalが24,886ptが記録されています。

Chart by Visualizer

ベンチマークの記録によると、GeForce RTX 4090はRTX 3090は以下の通りになっています。

  • TimeSpy Extremeでは1.89倍
  • FireStrike Ultraでは2.04倍
  • Port Royalでは1.86倍

NVIDIAでは発表会でRTX 4090はRTX 3090 Tiに対して2から4倍ほど性能が高いとしていますが、ベンチマークではRTX 3090 Tiに対しても2倍近いスコアが記録されています。

実際のゲームにおいてはベンチマークよりさらに高い伸びしろを見せる可能性がありますが、そのベンチマーク結果など詳細レビューの解禁は2022年10月11日(日本時間では詳細は不明なものの夜遅く)に予定されています。

 

NVIDIA GeForce RTX 4090ではRTX 3090に対して2倍近い性能向上が3DMark上では記録されており、NVIDIAの発表会で記載されていたRTX 3090 Tiに対して2倍という向上は実現できていると言えそうです。

RTX 3090は現在最安値で17万近くで販売されており、平均価格も18万円台となっています。一方で、RTX 4090に関しては約30万円から発売ということで、2倍近い性能向上がゲームなどでも記録されればコストパフォーマンスは高いと言えそうです。ただ、電気代は450Wから600W近くまで増える上に、電源ユニットの買い替えも必要なことか一気にコストパフォーマンスは落ちるため恐らく最高性能を求める層以外にはRTX 4090はおすすめができないモデルとなりそうです。

GeForce RTX3060搭載グラフィックボード

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!