新しいサイト『ギャズログ BLOG』へのリンクはこちら(このサイトは2月末で更新を止める予定です)

NVIDIA GeForce RTX 4070の消費電力は平均186Wに。RTX 3070から約15%減

  • URLをコピーしました!

NVIDIAのGeForce RTX 4070は2023年4月13日に発売が予定されていますが、このRTX 4070のゲーム時における平均消費電力に関する情報が登場、消費電力が非常に低く、ワットパフォーマンスが先代モデルより大きく向上していることが明らかになりました。

目次

NVIDIA GeForce RTX 4070のレビュー用資料の一部が流出。ゲーム時の平均消費電力が186Wとかなり低いが、性能はRTX 3080並に

NVIDIAではアッパーミドルレンジ帯モデルのGeForce RTX 4070を2023年4月13日に発売する事を計画しています。このRTX 4070についてはTGPは200Wに設定される予定で、12VHPWRを備えるモデルもありますが、PCIe8pinモデルでは1口だけ備えるモデルも登場するなど消費電力が非常に低いことが予測されていましたが、NVIDIAがレビューアー向けに提供したスライド資料より、ゲーム時の平均消費電力が判明、RTX 4070の高い電力効率性能が明らかになりました。

RTX 4070には、上位のRTX 4070 Tiに採用されているAD104 GPUが搭載されています。ただ、CUDAコア数は7680基から23%減の5888基に減少しており、前世代モデルのRTX 3070と同じコア数になっています。

しかし、TGPについてはRTX 3070が220Wに設定されていたものが、RTX 4070では10%減の200Wに設定されており、リーク資料で記載されているゲームプレイ時の平均消費電力は平均約186Wと、RTX 3070の平均215Wに対して13%低下するなど大きく低減が行われています。

一方でこのRTX 4070では動作クロックがRTX 3070の最大1.7 GHzから最大2.4 GHzと1.4倍に引き上げられており、GPU単体性能では動作クロックの大幅向上によりRTX 3070 TiとRTX 3080の間に位置すると見られています。

性能的に近いRTX 3070 TiについてはTGPが290Wとなっており、RTX 4070は30%低く、ゲーム時の平均消費電力はNVIDIAによると240WとなっておりRTX 4070は性能が等しいながらも消費電力は22%も低減するなどワットパフォーマンスが相当向上していることが明らかになっています。

RTX 4070についてはPCIe 8pinを1口のみ搭載するモデルの存在や、Mini-ITXに最適な小型ファン搭載モデルが発売予定であるなど消費電力の低さを活かした商品が多くラインアップされるため価格は9万円と高めにはなっていますが、消費電力を少しでも抑えたいユーザーや、Mini-ITX筐体で高いパフォーマンスを持つゲーミングPCを作りたい方などには最適なグラフィックスカードになると言えそうです。


created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥62,600 (2024/02/21 00:55:59時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube

PCパーツの話題から、テック系企業の歴史まで幅広く扱うYoutubeチャンネルを作りました。

チャンネル登録よろしくお願いします

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次