新しいサイト『ギャズログ BLOG』へのリンクはこちら(このサイトは2月末で更新を止める予定です)

5月24日 22:00発売|NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GBの予約在庫情報と仕様について

  • URLをコピーしました!
目次

RTX 4060 Ti 8GB版の予約・在庫情報(仕様情報はスクロールしてください)

2023年5月24日 22:00|NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB版が発売開始。価格は69,800円から。

特設サイトリンク先: | TSUKUMOソフマップ (特設サイトは発売後に更新されます。)

ショップ名パソコン工房TSUKUMOArkソフマップドスパラ
状況在庫あり在庫あり在庫あり在庫あり在庫あり
検索ワードRTX 4060 TiRTX 4060 TiRTX 4060 TiRTX 4060 TiRTX 4060 Ti
特設サイト特設サイト特設サイト

GeForce RTX 4000シリーズ初のメインストリームモデル『RTX 4060 Ti 8GB』

NVIDIAのGeForce RTX 4060 TiではRTX 4000シリーズと同じくTSMC 5nm(4Nとも言う)で製造されるAda Lovelaceアーキテクチャーを採用するグラフィックスカードになっていますが、デスクトップ向けのRTX 4000シリーズとしては初めてAD106 GPUを採用したモデルになっています。

このAD106 GPUは主にメインストリーム向けモデルを視野に開発されたGPUとなっており、CUDAコアは4352基、VRAMには18Gbpsで動作するGDDR6を8GBを128-bitのバス幅で接続される構成となっています。先代のRTX 3060 TiではCUDAコア数が4864基搭載していたため、1割程度減っていますが、RTX 4060 Tiでは動作クロックが1.67 GHzから2.54 GHzにまで引き上げられているため、浮動小数点演算やゲーミング時の性能はRTX 3060 Ti並みかシチュエーションによっては超えるようなパフォーマンスを発揮します。

なお、このAD106 GPUも他のAda Lovelace系と同じく電力効率に優れており、RTX 4060 Tiでは160Wの消費電力で動作が可能となっており、多くのAIB製グラフィックスカードでは8ピンのPCIe電源を1口だけ搭載すると見られています。

スクロールできます
GPU名GeForce RTX 4060GeForce RTX 4060 TiGeForce RTX 4070GeForce RTX 4070 TiGeForce RTX 4080GeForce RTX 4090
GPU NameAD107-400AD106-350AD104-250AD104-400AD103-300AD102-300
ダイサイズ146mm2190mm2294.5mm2294.5mm2378.6mm2608mm2
CUDAコア3072435258887680972816384
TMU / ROP96 / 32128 / 48184 / 64240 / 80320 / 112512 / 176
Tensor / RTコア96 /24128 / 34184 /64240 / 60304 / 76512 / 128
ベースクロック1830 MHz2310 MHz1920 MHz2310 MHz2210 MHz2230 MHz
ブーストクロック2460 MHz2535 MHz2475 MHz2610 MHz2510 MHz2520 MHz
浮動小数点演算15.11 TFLOPs22.06 TFLOPs29 TFLOPs40 TFLOPs49 TFLOPs83 TFLOPs
VRAM容量・仕様8GB GDDR68GB GDDR6
(16GB版が7月発売)
12 GB GDDR6X12 GB GDDR6X16 GB GDDR6X24 GB GDDR6X
バス幅128-bit128-bit192-bit192-bit256-bit384-bit
VRAM速度17 Gbps18 Gbps21.0 Gbps21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps
帯域幅272 GB/s288 GB/s504 GB/s504 GB/s736 GB/s1008 GB/s
TGP (定格消費電力)115W160W200W285W320W450W
価格52,800円69,800円¥99,800¥149,800¥219,800¥298,000
発売日2023年7月発売予定2023年5月24日
(16GB版は7月発売)
2023年4月13日2023年1月5日2022年11月16日2022年10月12日

性能はだいたいGeForce RTX 3070並み。ただし負荷が高い最新タイトルはRTX 3060 Tiを下回るケースあり。

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti Founders Edition Review – Power Consumption | TechPowerUp

NVIDIAのGeForce RTX 4060 Ti 8GBではRTX 3060 Tiに対してCUDAコアが1割減らされている他、メモリーバス幅が128-bitと半減している事からパフォーマンスへの影響がどのように出るのか注目されていましたが、ひとまず1080pにおいてはほとんど影響は無い様で、前評判通りRTX 3070と同等レベルの性能となっており、1080p解像度であればほとんどのゲームは快適にプレイする事が出来ます。

また、解像度を引き上げるとVRAMのバス幅によってパフォーマンスに影響するのでは無いかと言う懸念もありましたが、ほとんどのゲームでは大きな影響を受けない様で、1440pでもRTX 3070に近い性能を発揮しています。

ただし、Hogwarts LegacyやThe Last of Usなど負荷が非常に重い最新タイトルにおいては1080pや1440pではRTX 3060 Tiを下回る結果も出ているため、これらのタイトルはもちろんの事、グラフィックス品質に力を入れた最新タイトルにおいては高いパフォーマンスが期待できない可能性がありそうです。これは将来的に登場するゲームではパフォーマンスが期待できない事にも繋がるため、RTX 4060 Tiを検討する上では十分に留意する必要があります。

Laughably Bad at $400: Nvidia GeForce RTX 4060 Ti Review – YouTube

VRAMが8GBである事がRTX 4060 Tiで懸念されている点でしたが、テクスチャー解像度が高いゲームにおいて画質設定を最高などに設定するとフレームレートが大きく落ちたり、テクスチャー解像度が荒いままロードされないなど不具合が確認できる場面も多いとの事で、明らかに8GBじゃ足りない事がHardware Unboxedのレビューでは述べられています。(Forspoken、Halo Infinity、Resident Evil 4、The Callisto Protocol)

消費電力に関してはTSMC 5nmを採用している事もあり、RTX 4060 Tiではワットパフォーマンスが驚くほど向上しており、ゲーム時の消費電力は152WとRTX 3050やRTX 2060などに迫る様な値になっています。それでいて、性能は232W消費するRTX 3070に近いため、消費電力を気にする方や、発熱などを少しでも抑える必要がある小型PCケースでの運用を考えているユーザーには最適な選択肢になると言えそうです。

このRTX 4060 Tiについては性能はRTX 3070並みですが、価格は海外ではRTX 3060 Ti並みと言う事でコスパは上がっているとして肯定する意見もありますが、GTX 1000からRTX 2000、RTX 2000からRTX 3000など今までの性能向上代に比べて非常に低い事から酷評する意見も出ています。特にVRAMが8GB、バス幅が128-bitで重いと言われるゲームではRTX 3060 Tiにも負けてしまう性能などは将来的に登場するゲームにおいては大きな障害となるのは間違いないと見られています。そのため、RTX 4060 TiについてはDLSS 3.0や低い消費電力を重要視するユーザーには最適かもしれませんが、数年間同じグラフィックカードを使うというユーザーの場合、貯金してRTX 4070に手を出すか、安くなったRTX 3060 Tiを買って、お釣りを将来登場するRTX 5000シリーズに期待するの2パターンが最適と言えそうです。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥62,600 (2024/02/21 00:55:59時点 Amazon調べ-詳細)

Youtube

PCパーツの話題から、テック系企業の歴史まで幅広く扱うYoutubeチャンネルを作りました。

チャンネル登録よろしくお願いします

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 価格が同じなのに、タイトルによっては3060tiを下回るとか最低な商品だな。

    4060tiを名乗る以上、どんな状況・どんなタイトルでも3060tiを上回るのが最低限必要条件だと思うんだが。

    進化どころか退化してんじゃねぇかよ。

    性能程々で低消費電力を求める大抵の人は6万も出さないよ。

    そして、性能程々で低消費電力を求める層の大半は3060で充分満足してる。

    TDP10Wマイナスに対してプラス25000円も出さない。
    (性能については3060で満足してる訳だから、過剰性能分はプラス評価にならない)

  • 海外では軒並み
    “Trash” “Waste of money” “Dead on Arrival”
    という酷評が並んでますね

コメントする

目次