NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 16GBが不人気により既に値下げされる。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 16GBは不人気。既に定価を下回る額に値下げされる

NVIDIAでは2023年7月18日より16GBのVRAMを搭載したGeForce RTX 4060 Ti 16GB版の発売を始めましたが、他のRTX 4000シリーズとは異なり発売前にインフルエンサー向けにレビューサンプルを提供したり、各社から多くのモデルが投入される事は無く、発売前から期待値がかなり低いグラフィックカードになっていました。

実際にRTX 4060 Ti 16GBについて発売後も期待値通りの結果になっており、一部のベンチマークでは8GB版と同等か若干劣るような結果も登場するなど開発コストや種別を分ける事による管理費が掛かっている事を考えると、存在意義が問われるようなグラフィックカードになっていますが、発売されて1週間程度経過したGeForce RTX 4060 Ti 16GB版ですが、早速海外を中心に定価を下回る価格での販売が行われているようです。

16GB MSI GeForce RTX 4060 Ti Ventus 3X 16G OC DDR6 (Retail) – RTX 4060 TI | Mindfactory.de

ドイツのMindfactoryではGeForce RTX 4060 Ti 16GBについて発売当初の価格は€549でしたが、2023年7月25日時点では既に5.5%の値下げにあたる€519での販売が行われています。

この値下げについては単純に売れていないからと考えられ、実際に販売台数を見ると発売から1週間が経っているにも関わらず20~30台と言う低調ぶりです。

日本での状況についてはRTX 4060 Ti 16GBは発売時から変わらず88,800円での販売が続けられていますが、そもそも価格.comに掲載されているモデルはたったの2つだけで、多くの量販店が16GB版について取り扱っていないと見られています。ここまで少ない取扱いとなるモデルはNVIDIA製グラフィックカードとしては異例です。

なお、RTX 4060 Ti 16GBについてはゲーミングでは大きな差が無いことが明らかにされていますが、AI用途においてRTX 4060 Ti 8GBや上位のRTX 4070に対してどれだけ性能差があるのか気になる所ですが、現時点ではあまりAIワークロードに特化したベンチマーク結果は出ていませんが今後登場すれば取り上げて行きたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • AI向けって4GBや6GBの差で変わるもんなんか?
    9万出すなら3080か4070の方がいいだろどう見ても
    カード性能クソだけどVRAMのおかげでAI出力20秒早くなりますwくらいのレベルならマジもんのゴミじゃね
    AIにグラフィックカードの設計と値段考えてもらう方がいいレベル

  • AI向けはお絵描きで学習までやると8GBじゃ足りなくなるかも、なので3060(12GB)は入門用に最適だった
    stablediffusionの標準解像度(512×512)で何も入れないのなら4GBでも出力(推論)だけなら可能かな。
    ChatGPTみたいなのは12GBでも足らないかもしれない。お粗末なのなら8GB以下でもいけるけど

    VRAM足らなくなるとエラー吐いて異常終了して何も出来ないかメインメモリ無理矢理使って異常に遅くなる
    (最近のnVidiaドライバは異常終了じゃなくメインメモリから取って遅くなるらしい)

  • AIの場合は、メインメモリと同じじゃね?
    足りてればそれ以上はいくらあっても無駄だが、ちょっとでも足りなくなれば地獄。

コメントする

目次