NVIDIA GeForce RTX 3060が延命と値下げへ。AMDに対抗へ

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

NVIDIAがGeForce RTX 3060の延命と値下げを予定。AMDのRadeon RX 6750 GREなどに対抗

消息称英伟达 RTX 3060 显卡短期内不会停产,对抗 AMD RX 6750 GRE 系列 – IT之家 (ithome.com)

NVIDIAのGeForce RTX 3060は、2021年に発売されたミドルレンジのグラフィックカードで、2023年現在も1080p解像度のゲーミングに対して十分な性能を提供しています。そのため、Steamのハードウェアサーベイでもトップ3に位置する人気モデルとなっています。

しかし、発売から3年近く経過し、後継モデルのGeForce RTX 4060が主力製品となりつつあることから、RTX 3060の生産終了も近いと考えられていました。しかし、NVIDIAはRTX 3060の人気が依然として高いことや、AMDのRadeon RX 6750 GREなどの競合製品に対抗するために、製品の延命と値下げを計画しているようです。

AMDのRadeon RX 6750 GREは中国市場専用のミドルレンジグラフィックスカードで、RX 6700とRX 6700 XTのリブランド品です。価格帯は2219〜2379元で、GeForce RTX 3060とほぼ同等です。一方、GeForce RTX 3060の後継であるRTX 4060はこれらの製品より価格が高いため、NVIDIAはRTX 3060の価格を下げてRadeon RX 6750 GREに対抗する計画です。

この値下げは中国を中心に行われる予定ですが、北米などの他の地域でも実施される見込みです。北米ではIntelのArcラインアップが$200台で高いコストパフォーマンスを発揮しており、特にArc A750はコストパフォーマンスに優れた製品です。これを受けて、NVIDIAはGeForce RTX 3060の価格を$200近辺にまで下げる可能性があります。

日本市場においては、GeForce RTX 3060は3.6〜3.8万円台で販売されていますが、性能面で若干優れたRadeon RX 7600が同じ価格帯で販売され始めているため、RX 7600に対抗するために数千円の値下げが行われる可能性があります。また、RTX 3060は延命されていますが、2024年中には生産終了することがほぼ確実であり、在庫減少を目的として価格が下がる傾向が予想されます。そのため、RTX 3060クラスを狙っている方には、年末や年始のセールでの大幅な値下げが期待できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次