GeForce RTX 3060系で使用するGA106/GA104 GPUは600万台以上の在庫。これが原因でRTX 4050は登場せず?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
目次

NVIDIA GeForce RTX 3060系で使うGA106やGA104 GPUの在庫は600万台以上。これが原因でRTX 4050などは登場せず。

NVIDIAのGeForce RTX 3060 TiやRTX 3060、RTX 3050については2021年に発売されたエントリーおよびミドルレンジ向けグラフィックスカードになっています。このグラフィックスカードが発売された当時は仮想通貨のマイニングブーム真っ只中で、新しいグラフィックスカードは価格が定価を上回っていようが飛ぶように売れ、NVIDIAも需要に追いつくために供給を大きく増やしていました。

しかし、2022年に入ると仮想通貨の価格は下がり始め、2022年9月には仮想通貨マイニングで最も高い収益が得られたEthereumがマイニング可能なProof of Work (PoW)からマイニングができないProof of Steak(PoS)に切り替わったことでマイニング需要は終了し、多くの中古GPUが市場に流入し始めます。

さらに、2023年に入ると各国でインフレが深刻化したことやグラフィックスカードやPC本体の需要が2021年に集中した反動として需要が大きく減少、NVIDIAのGeForce RTX 3000シリーズの多くのモデルは在庫として残り、RTX 4000シリーズもほとんど売れないという事態になっています。

非常に厳しい市況になっているグラフィックスカードですが、NVIDIAではGeForce RTX 4000シリーズとしてミドルレンジモデルのGeForce RTX 4060を2023年6月に発売し、次はエントリーモデルのGeForce RTX 4050の登場が期待されますが、どうやらこのRTX 4050については先代のRTX 3060 TiやRTX 3060、RTX 3050などで使われているGPUのAD104やAD106 GPUの在庫が大量に余っているため登場しない可能性が高いことがMoore’s Law is Deadで明らかにされています。

AMD RDNA 4 Strategy Leak: Don’t Underestimate Navi 43 (+ Nvidia GA106 Oversupply Update)

Moore’s Law is Deadがサプライチェーン関係者から得た情報によると、NVIDIAではRTX 3070やRTX 3060 Ti、RTX 3060などに使われているAD104 GPUおよびRTX 3060とRTX 3050に使われているAD106 GPUについて2つ合わせて合計600万台ほどの在庫を抱えているようです。

そのため、エントリー向けGPUとしてはTSMC 4nmを採用しコストと販売価格が高いGeForce RTX 4050などを導入せず、今後もRTX 3060 TiやRTX 3060、RTX 3050がNVIDIAのエントリー向けグラフィックスカードとして存在し続けるものと見られています。

2023年6月に発売したRTX 4060についてはRTX 3060に対して性能面では10~15%程度しか差がなく、仮にNVIDIAがRTX 4050を出してもRTX 3060並の性能しか出せないと考えられる一方で、価格は先代のRTX 3050以上で、RTX 3060並になると見られています。

この中でRTX 3060 Tiについては価格は4万円後半から5万円台前半を行き来する販売価格になっていますが、6万円近くするRTX 4060 Tiに迫るパフォーマンスを発揮するため、コストパフォーマンスを重視するユーザーにとってはRTX 3060 Tiはベストな選択肢になると考えられます。ただ、NVIDIAについてはRTX 4060 TiやRTX 4060で使われているAD106やAD107 GPUについても需要以上に製造してしまっていると見られるため、RTX 5000シリーズ登場後の2025年もRTX 5050などのエントリーモデルも長らく登場しない可能性もありそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次