Rocket Lake-Sのラインアップと仕様。最大5.3GHz、250Wで動作

Intelから2021年上半期にリリース予定となっている第11世代デスクトップ向けCPUである、『Rocket Lake-S』の上位4モデルのラインアップとその仕様が判明しました。

Rocket Lake-Sの詳しい情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

Intelが2021年上半期に発表を予定している第11世代CoreデスクトップCPUである『Rocket Lake-S』…

Core i5、Core i7、Core i9の情報が判明

Intelが2021年上半期にリリース予定のRocket Lake-Sのラインアップと仕様についてDavidbepo氏が情報を掲載しています。その情報によると、Rocket Lake-Sではブースト最大クロックは5.3GHzでTDPはPL1が125W、PL2では250Wとなっています。

ラインアップコア数/
スレッド数
ベースクロックブーストクロック
(1コア)
ブーストクロック
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)
Core i9-11900K8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.8 GHz16 MB125W
Core i7-11700K8 / 165.00 GHz4.6 GHz16 MB125W
Core i5-11600K6 /124.90 GHz4.7 GHz12 MB125W
Core i5-114006 /124.40 GHz4.2 GHz12 MB65W

Intel Core i9-11900K

Core i9-11900Kは『Rocket Lake-S』シリーズの中で最高モデルとなる見込みの製品です。コア数は8コア、16スレッドとなりL3キャッシュは16MB、L2キャッシュは4MB搭載する見込みです。過去の情報でCore i9-11900Kがベースクロック3.5GHz、ブーストクロックで5.0GHzで動作しているベンチマークが出現していましたが、今回の最新情報によると、ブーストクロックは1コア利用時は5.3GHzで動作し、全コア利用時は4.8GHzで動作する見込みです。このブーストクロックはThermal Velocity Boost利用時との事です。

現行世代である『Comet Lake-S』のCore i9-10900Kでは10コア20スレッドとなっていますが、『Rocket Lake-S』では8コア16スレッドへ下がっていますがこれは『Rocket Lake-S』のベースとなるモバイル向け10nm CPUであるCypress Coveアーキテクチャーをデスクトップ向け14nmへバックポートしているためこのようになっています。この性能低下分を補うため、非常に高いブーストクロック周波数が設定されている模様です。TDPはPL1ステートでは125Wとなっていますが、PL2ステートでは最大で250Wの消費電力となる見込みとなっています。

Intel Core i7-11700K

Core i7-11700Kではコア・スレッド数は上位のCore i9と同じく8コア、16スレッドとなっています。しかし、クロック周波数はCore i9に対して低めに設定されており1コア利用時のブーストクロックは5.0GHz、全コア利用時のブーストクロックは4.6GHzとなっています。TDPはPL1はCore i9と同じく125Wとなっていますが、PL2は低いブーストクロック周波数からか225W~250Wの間に位置すると考えられます。

Core i9とCore i7の違いはクロック周波数だけとなっており、Intelがこの2つの製品にどれほどの価格差を付けるかは判明していませんが、AMDのZen3ベースのRyzen 5000シリーズCPUに対抗するためCore i9を$400(4万円中盤)程度、Core i7を$300(3万円中盤)程度の価格に設定する可能性が指摘されています。

[the_ad_placement id="adsense"]

Intel Core i5-11600K

Core i5-11600Kは6コア・12スレッドとなり、メインストリーム向け製品となる予定です。ブースト時のクロック周波数は1コア利用時が4.9GHz、全コア利用時が4.7GHzとなる見込みとなっています。このCore i5-11600Kは最も売れ筋モデルとなる見込みでAMDのRyzen 5600Xに対抗する製品でもあります。そのため、価格面では現行『Comet Lake-S』と同じレベルを維持する見込みとなっています。

Intel Core i5-11400

Core i5-11400はCore i5-11600Kと同じく6コア・12スレッドとなっていますがオーバークロック機能がロックされており、TDPが65Wとなっており動作クロック、ブーストクロックも低く抑えられています。ブーストクロックは1コア利用時が4.4GHz、全コア利用時が4.2GHzとなっておりPL1が65W、PL2が125Wとなっています。

 

IntelではRyzen登場以降、シェアを徐々に落としていっていますが、Ryzen 5000シリーズ登場以降は更にペースが速まってきておりアーキテクチャーの全面刷新を行った『Rocket Lake-S』で本格的に対抗する見込みです。しかし、Ryzenに全方位で対抗するのではなく、一定の販売個数が見込めるメインストリーム向け8コア以下CPUであるRyzen 5やRyzen 7に絞って攻める戦略のようで、Core i5~Core i9までRyzen 5やRyzen 7を下回るような価格設定が期待されています。一方で、ハイエンド向けモデルに関しては『Rocket Lake-S』がリリースされる2021年には存在せず、2022年頃にリリース予定の『Alder Lake-S』にて16コアCPUを搭載したモデルがリリース予定と噂がありますので、それまでハイエンド向け製品はAMDの独占状態が続いてしまいそうです。

Rocketlake-S-i9
最新情報をチェックしよう!