『Rocket Lake-S』のラインアップ判明。『Comet Lake』も再登場

Rocket Lake-S Leak

2021年1月開催されるCES2021にて、Intelは第11世代デスクトップ向けCPUである『Rocket Lake-S』を発表予定ですが、中国のテック系情報サイトから『Rocket Lake-S』のラインアップの全容が判明しました。

Intel第11世代CPU『Rocket Lake-S』の最新情報

ギャズログ | Gaz:Log

Intelが2021年上半期に発表を予定している第11世代CoreデスクトップCPUである『Rocket Lake-S』…

『Rocket Lake-S』はCore i9からi5まで。Core i3からCeleronは『Comet Lake Refresh』

第11世代デスクトップ向けCPUでは、アーキテクチャを完全に刷新した『Rocket Lake-S』が13モデル、Skylake系アーキテクチャを引き続き採用した『Comet Lake-S Refresh』が13モデルリリースされる予定になっているとの事です。この情報は中国のテック系情報サイトの『ijiandao』に掲載されておりそれらをHarukaze5719氏がまとめたモノになっています。

最新アーキテクチャー採用。『Rocket Lake-S』

モデル名コア/
スレッド
ベース
クロック
ブースト
クロック
(1コア)
ブースト
クロック
(全コア)
L3キャッシュ内蔵GPUTDP (PL1)
Core i9-11900K8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i9-119008 / 161.80GHz4.40 GHz3.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i9-11900T8 / 16TBCTBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i7-11700K8 / 16TBC5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i7-117008 / 162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i7-11700T8 / 16TBCTBC16 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-11600K6 /12TBC4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)125W
Core i5-116006 /12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11600T6 /12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-115006 /12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)65W
Core i5-11500T6 /12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 32 EU (256 Cores)35W
Core i5-114006 /122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)65W
Core i5-11400T6 /12TBCTBCTBC12 MBIntel Xe 24 EU (192 Cores)35W

『Rocket Lake-S』は、モバイル向けの『Ice Lake』で採用されたSunny Coveアーキテクチャをデスクトップ向けに移植したモデルとなっており、IPCがSkylake比で25%ほど向上しているとIntelは事前に発表しています。

全体的な傾向としては、ベースクロックが現行の『Comet Lake』に対して引き下げられていますが、新アーキテクチャ採用によりIPCが大きく向上しているため、性能自体に影響はないと考えられています。
L3キャッシュの容量は上位モデルであるCore i9とi7では16MBとなっています。一方で、Core i5では12MBに減らされています。また、『Rocket Lake-S』すべてで内蔵グラフィックスとしてIntel Xeを搭載されており、内蔵GPUのコア数がCore i5 10400と10400T以外は32EU(256コア)、Core i5 10400と10400Tが24EU(192コア)となっています。

『K』シリーズ

Intelでは同じCore i9やi7,i5の中でも上位に当たるモデルで末尾に『K』が入ります。
『Rocket Lake-S』におけるこれらのモデルではPL1時のTDPが125Wとなっており、オーバークロックが可能で、設定なしの状態でも1コア時では4.9~5.3GHzに及ぶ高いブーストクロックを発揮します。性能面ではRyzen 5000シリーズを念頭に開発されているためか、シングルコア性能では同等かそれ以上の性能を発揮する模様です。

『無印』シリーズ

Kシリーズに対してオーバークロック設定やベース・ブーストクロックと引き換えにTDPは65Wに抑えられ、価格もKモデルより低くなるモデルとなっています。

『T』シリーズ

『無印』シリーズに対してTDPがより低くなっておりモバイル向けに匹敵する35Wに抑えられています。

Skylakeアーキテクチャを継承して価格を抑えた『Comet Lake Refresh』

モデル名コア/
スレッド
ベース
クロック
ブースト
クロック
(1コア)
ブースト
クロック
(全コア)
L3キャッシュ内蔵GPUTDP
Core i3-113204/8TBCTBCTBC8 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)65W
Core i3-113004/8TBCTBCTBC8 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)65W
Core i3-11300T4/8TBCTBCTBC8 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)35W
Core i3-111004/8TBCTBCTBC6 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)65W
Core i3-11100T4/8TBCTBCTBC6 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)35W
Pentium G64202/4TBCN/AN/A4 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)58W
Pentium G6420T2/4TBCN/AN/A4 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)35W
Pentium G65202/4TBCN/AN/A4 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)58W
Pentium G6250T2/4TBCN/AN/A4 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)35W
Pentium G62202/4TBCN/AN/A4 MBUHD 630 24 EU (192 Cores)58W
Celeron G59302/2TBCN/AN/A4 MBUHD 610 12 EU (96 Cores)58W
Celeron G5930T2/2TBCN/AN/A4 MBUHD 610 12 EU (96 Cores)35W
Celeron G59502/2TBCN/AN/A4 MBUHD 610 12 EU (96 Cores)58W

第11世代デスクトップ向けCPUとして、Core i3以下の廉価モデルに当たる製品ではSkylakeアーキテクチャを引き続き採用し、『Comet Lake Refresh』としてリリースされる見込みとなっています。
動作クロックなどは判明していないものの、L3キャッシュ容量や内蔵GPUなどは現行モデルと大きく変りません。

Rocket Lake-S Leak
最新情報をチェックしよう!