AMD Radeon RX 7900 XTXが計画中。最上位モデルで24GBのGDDR6を搭載

AMDでは2022年11月3日にRDNA3アーキテクチャーを採用したRadeon RX 7000シリーズの発表を行いますが、この最上位モデルではRadeon RX 7900 XTXと名付けられ24GBのVRAM容量を持つようです。

RDNA3アーキテクチャーに進化するRadeon RX 7000シリーズ

AMDでは現行のRDNA2アーキテクチャーから刷新を図ったRDNA3アーキテクチャーの開発を進めており2022年11月3日にRDNA3アーキテクチャーを搭載したRadeon RX 7000シリーズに関して何かしらの発表が行われる予定です。

このRDNA3アーキテクチャーを採用したGPUにはハイエンドモデルに採用されるNavi 31とNavi 32にはコンシューマー向けGPUとしては初めてチップレットを採用すると見られており、パフォーマンスが大きく向上すると見られていましたが、今回この中で最上位モデルとなるNavi 31を搭載するRadeon RX 7900 XTのメモリーに関する情報が出現しました。

Radeon RX 7900 XTは20GB、XTXは24GBに?

AMD rumored to launch Radeon RX 7900 XTX graphics card | Videocardz

AMDのRDNA3アーキテクチャーを搭載するRadeon RX 7000シリーズの内、最上位モデルはRadeon RX 7900 XTと呼ばれ、数日前にVRAM容量が当初予定されていた24GBから20GBにスペックダウンされたという話がありましたが、さらに最上位モデルとなるRadeon RX 7900 XTXが存在し、このモデルには24GBのGDDR6が搭載されるようです。

このRadeon RX 7900 XTXについては韓国の電波認証関係であるRRAに登録されたAMD製の複数のグラフィックスカードの内、D702と呼ばれるGPUにはNavi 31 XTX GPUが搭載され、Radeon RX 7900 XTXとして登場し、その1つ下のモデルとしてRadeon RX 7900 XTがラインアップされる可能性があるようです。

このRadeon RX 7000シリーズに関しては2022年11月3日にAMDが発表会を開催予定です。

 

AMDのRadeon RX 7900系については登場間近であるためか、情報が錯綜している状態となっていますがRadeon RX 7900 XTがMCDを5基搭載となっているため、もし仮にRadeon RX 7900 XTXが24GBのGDDR6を搭載しての登場となれば過去に出現したリークの通り、MCDを6基搭載しバス幅も384-bitとなると見られています。

NVIDIAのGeForce RTX 4090やRTX 4080では価格が20万円を超えるなどハイエンドとは言えあまりにも高すぎる価格での発売となっていますので、AMDには是非ともコストパフォーマンスが高いGPUを発売してほしい所です。

 

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!