AMD Ryzen 7 5800X3Dのゲーミングベンチ出現。Intel Core i9-12900KF超えに

AMDでは2022年4月20日に3D V-Cacheを搭載したRyzen 7 5800X3Dを発売予定としていますが、発売日より前にRyzen 7 5800X3Dを入手した海外のサイトにて様々なゲームでどのぐらい性能があるのかベンチマークが行われましたが、Core i9-12900KFを超える性能を叩き出しています。

3D V-Cache搭載、Ryzen 7 5800X3Dのゲーミングベンチ出現

AMDでは2022年1月に開催されたCES2022にてその市販版となるRyzen 7 5800X3Dを発表しました。

このRyzen 7 5800X3Dでは8コアを搭載するCPUダイを1つ搭載し、この中には32MBのL3キャッシュが搭載されていますが、CPUダイの上に64MBのキャッシュを重ねる3D V-Cacheを搭載。これにより合計96MBのL3キャッシュを搭載しています。

この64MBの3D V-Cacheが追加される事でAMDによるとゲーミング時のパフォーマンスは最大15%ほど向上するとComputexやCESで発表をしていますが、発熱の問題から動作クロックはベースとなるRyzen 7 5800Xに比べるとベースクロックが0.4 GHz、ブーストクロックは0.2 GHzほど引き下げられています。

そんなRyzen 7 5800X3Dですが、発売前に入手したペルーのXANXOGAMINGが様々なゲームでのベンチマークを行い、Intel Core i9-12900KFと比較を行なっています。

Ryzen 7 5800X3DがCore i9-12900KF超えの性能を発揮

XANXOGAMINGでは11のタイトルのゲームでIntelの最上位CPUであるCore i9-12900KFとAMDから間も無く発売されるRyzen 7 5800X3Dとのフレームレートの比較が行われています。Core i9-12900KFではDDR4が搭載されているため、DDR5が搭載された場合より若干ながら性能が落ちている可能性はありそうです。

ゲーミングのベンチマークはグラフィックスカードにGeForce RTX 3080 Tiが搭載された状態で、1080pおよび720pなどGPUがボトルネックとはならず、CPUがボトルネックとなる状況になる構成で比較が行われています。ここでは一部の1080pでのゲーミング時のベンチマークのデータを取り上げますが、720pも気になる方はXANXOGAMINGに詳細が掲載されています。

AMD Ryzen 7 5800X3D Review – The last gaming gift for AM4 (xanxogaming.com)

比較が行われているタイトルは以下の11タイトルですが、1080pではRyzen 7 5800X3Dが5タイトル、720pでは10タイトルがゲームにCore i9-12900KFより良好なスコアを記録しています。

ゲームタイトル1080pで高いFPSを記録したCPU(何fps差で勝ったか)720pで高いFPSを記録したCPU(何fps差で勝ったか)
Assassin’s Creed OriginsCore i9-12900KF(1fps)Ryzen 7 5800X3D(8fps)
Borderlands 3 (DX12)Core i9-12900KF(1fps)Ryzen 7 5800X3D(1fps)
Control (DX12)Core i9-12900KF(1fps)Ryzen 7 5800X3D(1fps)
Death StrandingRyzen 7 5800X3D(10fps)Ryzen 7 5800X3D(9fps)
F1 2020Core i9-12900KF(1fps)Ryzen 7 5800X3D(1fps)
FFXVRyzen 7 5800X3D(49fps)Ryzen 7 5800X3D(66fps)
Metro ExodusCore i9-12900KF(1fps)Ryzen 7 5800X3D(0fps / 1% LOW 30fps)
Shadow of the Tomb Raider (DX12)Ryzen 7 5800X3D(17fps)Ryzen 7 5800X3D(43fps)
Shadow of WarRyzen 7 5800X3D(11fps)Ryzen 7 5800X3D(27fps)
Strange Brigade (DX12 – Async ON)Core i9-12900KF(3fps)Core i9-12900KF(23fps)
The Witcher 3Ryzen 7 5800X3D(46fps)Ryzen 7 5800X3D(95fps)

1080pにおいては11タイトル中、6タイトルでIntelのCore i9-12900KFがRyzen 7 5800X3Dより高い平均フレームレートを記録しています。ただ、Core i9-12900KFとRyzen 7 5800X3Dとの差は1fps、多くても3fpsと拮抗しており、Core i9-12900KFのパフォーマンスについてはRyzen 7 5800X3Dに対して大幅に上回るという場面は少ないようです。

一方で、Core i9-12900KFより高いフレームレートが記録された5タイトルではRyzen 7 5800X3DがCore i9-12900KFを10fps以上超えるゲームが多く、FFXVにおいてはRyzen 7 5800X3DがCore i9-12900KFを49fps(+129%)と大きく上回っています。

大容量キャッシュ時代到来?

AMDの3D V-Cacheにより増えたキャッシュはCinebench R23やGeekbenchなどCPU性能を測るシンセティックベンチマークではあまり効果は出ていませんが、断続的に多数のスレッドが送られたり、メモリーとの大量のやりとりが発生するゲームなどではキャッシュの大容量化には大きな効果を発揮するようです。恐らくAMDではZen4においても通常モデルではL3キャッシュが32MBに据え置かれる見込みとなっていますが、マイナーチェンジモデルとして3D V-Cache版が出現するかもしれません。一方で、IntelでもAMDと同じくキャッシュを大きく増やす事を考えているようで、2022年後半に発売が予定されているRaptor Lake-SではL2キャッシュが合計32MB、L3キャッシュが合計36MBとキャッシュ容量の大容量化を図る見込みで今後登場するCPUではコア数、動作クロックに加え、キャッシュ容量もCPUを選ぶ際に重要な指標となるかもしれません。

 

ギャズログ | Gaz:Log

Intelでは2022年下半期中に第13世代CPUとなるRaptor Lake-Sをリリース予定ですが、今回そのRapt…

 

Ryzen 7 5800X3DではCinebench R23やGeekbenchなどでは冴えないスコアを出しており、期待外れ感もありましたが、ゲーミングにおいては驚くぐらい高い性能を叩き出しています。

3D V-Cache搭載のRyzen 9 5900Xなどハイエンドモデルを3D V-Cache化したモデルはComputex 2021でサンプル品が出現していましたが、いざ発売となるとアッパーミドルのRyzen 7 5800XベースのRyzen 7 5800X3Dのみ登場したのはライバルのCore i9-12900Kの性能状、これ以上の性能を持つモデルを投入する必要が無く、AMDとしては今後登場するZen4のためにある程度性能を抑え気味にしたいと考えているのかもしれませんね。

Ryzen 7 5800X3DはソケットAM4で使えるという事でマザーボードメーカーからBIOSアップデートが提供されるのであれば初代Ryzenなどからの乗り換えにおいて非常に良い選択肢になると見られています。特に価格面ではRyzen 7 5800X3Dは449ドル、日本円では6万円程度でCore i9-12900KFの6万円台半ばよりは安い価格で購入可能で主にゲームなどをプレイする事を考えている方であればコストパフォーマンスは高いCPUと言えそうです。

一方でRyzen 7 5800X3Dはゲーム以外のパフォーマンスについてはRyzen 7 5800Xと同等か少し低いぐらいに位置しており、動画編集や3DCGのレンダリングなどCPU自体の計算能力も必要と言う方の場合は素直にCore i9-12900KFなどを購入した方が良さそうです。

最新情報をチェックしよう!