Oracleが1500億円相当のNVIDIA製AI用GPUやAMD CPUを購入。Intel製CPUは除外される。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Oracleがクラウドサービス向けに1500億円相当のNVIDIA製AI用GPUやAMD Ampere CPUを購入へ。一方でIntel CPUは除外されてしまう。

Oracle spending ‘billions’ on Nvidia chips this year, Ellison says | Reuters

クラウドサービスやソフトウェアを開発する米国企業のオラクルの会長、ラリー・エリソン氏がARM CPUを開発するAmpereのイベントにて同社がAI市場に参入するために、Ampere製CPUやAMD製CPUそして、NVIDIAのAI向けGPUに投資する事を明らかにしました。

ラリー氏によると、オラクルは現時点でクラウドコンピューティング市場でAmazonやMicrosoftなどの企業に対して存在感が少なく、サービス面でも競合他社に劣っている現状があるとのことです。そのため、今後AIにも対応しつつ、クラウドコンピューティングを強化するためにNVIDIAのAI向けGPUについてはAmpere A100やHopper H100などを合計16,000台投入する予定とのことです。これらのGPUについてはAmpere A100が200万円、Hopper H100が400万円であると考えるとGPUだけで500億円を超える投資が行われる事になります。

Intel CPUは選定対象から除外。将来的にはArmに切り替えも?

ラリー氏はこのクラウドコンピューティングのために投入されるCPUの話をしており、この中で投入されるのはArmベースのAmpere AltraとAMDのEPYCが投入されるとのことです。Intel製CPUについては『Intelの古いx86アーキテクチャーは限界に達している』としてIntel CPUは投入されない事を明らかにしています。

なお、ラリー氏は今後は徐々にArmベースのインスタンスを拡大していく方針のようで、AMD EPYCについてはx86を運用したいユーザー向けに提供が行われますが、コストパフォーマンスの面で今後はAmpereなどが開発しているArmベースのクラウドコンピューティングが主流になって行く見方を示しているとのことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 特に驚く事もない判断だと思うけど
    Windowsもarm が主流になったりしないのかしら
    もう性能と消費電力と放熱が限界に来てるよね
    互換性さえとれるなら、次世代から直ぐにでもしたい

コメントする

目次