MSI製B660マザーボードの価格とラインアップ出現。最安は1万円台から

Intelでは2022年1月頃から既に登場しているAlder Lake-S向けのハイエンドマザーボードであるZ690に続き、ミドルレンジからエントリー向けマザーボードの投入を予定しています。今回、その中でミドルレンジ向けモデルにあたるMSI製のB660マザーボードの価格とラインアップが出現しました。

Alder Lake-S対応マザーボードのミドルレンジモデル

MSI B660 Motherboards For Mainstream & Entry-Level PC Builders Leak Out With Prices, All DDR5 Designs (wccftech.com)

Intelでは2021年11月にAlder Lake-S世代のCPUを発売し、同時に対応したマザーボードを投入しました。この時投入されたマザーボードはZ690マザーボードと呼ばれるハイエンドモデルであり、価格も高価なモデルが多かったです。2022年1月頃にIntelではAlder Lake-S対応マザーボードのラインアップを拡充させる予定で、上位モデルからミドルハイモデルであるH670、ミドルレンジ向けB660、エントリー向けのH610が登場予定となっています。

今回、この中でMSIが発売するミドルレンジ向けモデルであるB660マザーボードの価格とラインアップ情報が出現しました。

MSI製 B660は10モデル登場。MicroATX規格が多め

MSIから登場するB660マザーボードは合計10モデルとなっており、4つのモデルはMAGシリーズ、6つはPROシリーズとなっています。

モデル米ドル価格日本円($1=130円)
MAG B660 Tomahawk WiFi$259.00¥33,670
MAG B660M Mortar WiFi$239.00¥31,070
MAG B660M Mortar$219.00¥28,470
MAG B660M Bazooka$199.00¥25,870
PRO B660-A$209.00¥27,170
PRO B660M-A- WiFi-$209.00¥27,170
PRO B660M-A$189.00¥24,570
PRO B660M-G$139.00¥18,070
PRO B660M-B$129.00¥16,770
PRO B660M-E $119.00¥15,470

価格の傾向としては、MAGシリーズはゲーミングPCなどを組み立てる人向けのモデルとなっているため、価格は高めに設定されています。MAGシリーズ4モデルの内、3つのモデルはMicroATX規格となっており、最安値は$199、日本円で換算すると2.5万円ほどになっています。

一般的なユーザー向けのPROシリーズには6つのモデルが存在し、ATX規格は1つのみで、その他はすべてMicroATX規格となっています。価格はATX規格であるPRO B660-Aが$209、日本円で2.7万円程度となっていますが、MicroATX規格であれば、最安モデルはPRO B660M-Eで$119、日本円で1.5万円程度になっています。

Z690マザーボードはMSI製の中で最もリーズナブルなモデルであるPRO Z690-A(DDR4)でも2.9万円ほどしているため、B660マザーボードの登場によって手軽にAlder Lake-S搭載機を作る事は出来そうです。

全モデルDDR5モデル。マザーボード価格を抑えられてもメモリー価格で苦しむ可能性

MSI製でAlder Lake-S対応マザーボードでは2021年12月時点ではZ690マザーボードしか存在していませんが、このZ690マザーボードの中でDDR4に対応したモデルが少数ながら用意されています。しかし、今回出現したB660マザーボードではすべてのモデルがDDR5のみに対応したモデルとなるようです。

DDR5はPMICと呼ばれる電源管理用のチップの品薄が原因で、世界的に品薄状態となっており、価格についてもDDR4の2倍程度と非常に高価で入手性の悪いメモリーとなっています。

DDR5メモリーの品薄は2022年中頃までは続く可能性。PMICが原因の模様

そのため、パフォーマンスより価格を重視するユーザーに向けたミドルレンジ向けのマザーボードでDDR5のみに対応するというのはあまり評価を受ける選択ではないと考えられます。実際に、今回のMSI製B660マザーボードのリークを掲載したchi11ddog氏も『Did not see DDR4 model in list only DDR5 in B660? Is MSI crazy?』日本語訳:B660ではDDR4がリストに無いけどDDR5だけ?MSI頭おかしいでしょ?とコメントされています。

 

NVIDIA GeForce RTX 2060 12GB版は実質マイニング用?販売価格も判明

 

まだ現時点ではリーク情報のため、別途DDR4モデルも追加で投入がされる可能性もありそうですが、ASUSやGIGABYTEなど他のマザーボードでもDDR5のみになってしまうのか気になる所です。もしかしたら、DDR4はエントリー向けであるH610で対応させ、上位のB660はDDR5のみ対応と言う可能性も考えられますので・・・

最新情報をチェックしよう!