モバイル向けGeForce RTX 3050シリーズが出現。GTX 1080並みの性能

モバイル向けに登場すると見られているNVIDIA GeForce RTX 3050 TiおよびGeForce RTX 3050の仕様やGeekbenchでのベンチマーク結果が掲載されました。Geekbench上のベンチマーク結果ではGeForce GTX 1080 TiやGTX 1080並みになっています。

モバイル向けGeForce RTX 3050シリーズがGeekbenchに登場

NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Features 2560 & RTX 3050 Features 2048 CUDA Cores With Ampere GA107 GPU (wccftech.com)

NVIDIAのモバイル向けGeForce RTX 3050シリーズがGeekbench上に登場し、Tiバージョンと、無印バージョンの2つのモデルが登場すると見られています。このモバイル向けGeForce RTX 3050ではデスクトップ向けのGeForce RTX 3060に搭載されているGA106より更にダイサイズやCUDAコアを減らしたGA107 GPUを搭載すると見られています。

モデル名NVIDIA GeForce RTX 3050 (M)NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti (M)NVIDIA GeForce RTX 3060 (M)NVIDIA GeForce RTX 3070 (M)NVIDIA GeForce RTX 3080 (M)
GPU SKUGA107?GA107?GA106GA104-770GA104-775
SMs1620304048
CUDAコア20482560384051206144
ベースクロックTBATBA1283 MHz1290 MHz1245 MHz
ブーストクロックTBATBA1703 MHz1620 MHz1710 MHz
VRAM速度12 Gbps12 Gbps12 Gbps12 Gbps12 Gbps
VRAM仕様と容量GDDR6 4GBGDDR6 4GBGDDR6 6GBGDDR6 8GBGDDR6 8GB/16GB
バス幅128-bit128-bit192-bit256-bit256-bit
帯域幅192 GB/s192 GB/s288 GB/s384 GB/s384 GB/s
TGP50W?60W?60-115W80-125W80-150W+

仕様面では、GeekbenchよりGeForce RTX 3050 TiではStreaming Multiprocessorsが20基搭載されており、2560基のCUDAコアを備えると見られています。GeForce RTX 3050ではStreaming Multiprocessorsが16基、2048基のCUDAコアを搭載しています。両モデル共に4GBのGDDR6を搭載し、バス幅は128bitに落ち着くと見られています。

Geekbench OpenCLテストではデスクトップ版GTX 1080に等しいスコアを記録

性能面では、両モデル共にデスクトップ版GTX 1080に等しい性能を記録しています。
モバイル向けGeForce RTX 3050 Tiでは60559ptをOpenCLスコアで記録しています。このスコアと同等レベルの製品はデスクトップ向けのGeForce GTX 1080 Tiやモバイル向けGeForce RTX 2060となっています。

また、モバイル向けGeForce RTX 3050では52587ptをOpenCLスコアで記録しており、デスクトップ向けのGeForce GTX 1080やGTX 1650 Super並みの性能となっています。また、モバイル向けのRadeon RX 5600Mを約18%程度上回るスコアでもあります。

Chart by Visualizer

 

レイトレーシングに対応するGeForce RTXシリーズとしては初めての50番台であり、レイトレーシングがより身近になってきたことを感じさせるモデルと言えます。今回出現したのはモバイル向けとなっていますが、性能面では最近のゲームを1080p解像度程度でプレイするには十分と言え、いずれかはデスクトップ版についてもリリースがされるものと見られています。ただ、世界的にGPUが不足する中でいつ頃になるかは全く読めませんが・・・

最新情報をチェックしよう!