Intel Meteor Lakeの内蔵GPU性能がGeForce GTX 1060に迫る。一方で消費電力は30W程度とワッパも高め

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Intel Meteor Lakeの内蔵GPU性能がAMD Ryzenを5%超える性能を記録。消費電力も低めに

Intelでは2023年12月14日よりCore Ultraブランド第一世代となるMeteor Lake CPUを市場に投入します。このMeteor LakeではCPUのアーキテクチャーを刷新すると共に、内蔵GPUの性能を大幅強化されます。

このMeteor Lakeについて、最新のGPUベンチマークにて、現時点で市場に出ているノートPC向けCPUの中で最も高い性能を持つAMDのRyzen 9 7940HSを超える性能がGeekbenchのOpenCLベンチマークにて記録されました。

今回ベンチマークに登場したCPUはCore Ultra 7 155Hで、TDP 35W帯のCPUとしては上位に位置するCPUとなっています。コア構成は6P+8E+2LPEの合計16コア、20スレッドで内蔵GPUには128基のExecution Unitを搭載し、動作クロックは最大2.25 GHzで動作します。

この仕様で記録されたOpenCLベンチマークスコアは33948ポイントを記録しています。

このCore Ultra 7 155Hの内蔵GPUベンチマークについては数日前にも登場していましたが、今回の結果ではドライバーの最適化かノートPCの冷却性能の違いなのか前回登場した結果より1.25倍の性能に伸びています。

GPU / CPUモデルスコア
RTX 3050 (ノートPC)50,370
RX 480 (デスクトップ)42,302
RTX 2050 (ノートPC)41,474
MX570 (ノートPC)39,179
GTX 1650 Ti (ノートPC)38,576
Arc A380 デスクトップ)37,105
GTX 1650 (ノートPC)35,036
MX550 (ノートPC)34,606
GTX 1060 6 GB デスクトップ)34,175
Arc Xe-LPG (Core Ultra 7 155H)33,948
Radeon 780M (Ryzen 9 7940HS @ 60W)32,598
GTX 1060 3 GB デスクトップ)31,765
Radeon 780M (Ryzen 9 7940HS 標準仕様)30,296
Radeon 760M (Ryzen 5 7640HS 標準仕様)20,793

この性能を他のGPUと比べるとライバルでもあるAMDのRyzen 9 7940HSを60Wで動作させた際のスコアを4%上回っています。また、Core Ultra 7 155HのTDPである30Wに近い状態で計測されたRyzen 9 7940HS(TDP 35W)に対しても12%高い性能を記録している事からワットパフォーマンスの観点に置いてもCore Ultra 7 155Hに内蔵されている内蔵GPUについては優れた性能と言えそうです。

このCore Ultra 7 155HのGPU性能はデスクトップ向けGPUであるGeForce GTX 1060 6GBに対して1%劣る程度にまで迫っており、TDPが45Wに設定されるCore Ultra 9 185HなどではGeForce GTX 1060 6GBを上回る性能が期待できるかもしれません。

なお、今回のベンチマークはOpenCLという事で実際のゲームにおいても同様の傾向になるかは不明ですが、IntelではXeSSなどのアップスケーリング技術も存在するため、対応するゲームであれば優れたパフォーマンスでプレイする事が可能になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 内蔵GPUの性能向上はしばらくトレンドになりそうですね。ゲーム開発サイドも将来のパソコンスペックを見積もってやると、案外カジュアルゲームはローリスク、ホットスポットなのかな?パソコンゲームがメジャーな市場になるかも。インテルがんばっテル!

コメントする

目次